FCoinJPの「スーパー配当」とはポンジスキームなのか

FCoinJPが11月6日に「スーパー配当」の重要イベントを用意したと報じられている。

1、FJとは?

FCoinJPは2018年6月、取引所FCoinが日本のチームと組んで立ち上げた仮想通貨取引所であり、創立されてから、膨大な取引量で順調に乗り出し、当面取引所のセクターでは最も活躍している取引所の1つである。

FCoinJPの11月6日における「スーパー配当」に関して、新規ユーザーたちのリクエストに合わせて、ここでFCoinJPの「スーパー配当」に関する攻略を解説する。

2、マイニングと配当の方法は? 

「取引マイニング」というのは、ユーザーが取引中に発生した手数料を翌日にFCoinJPのToken(トークン)「FJ」として100%キャッシュバックするものである。例えば、あるユーザーは取引所で頻繁に取引し、一つのETHを手数料として徴収されたとする。そうすると、次の日にこのユーザーのアカウントに一つのETHが返還されることになる仕組み。以下の漫画でそのメカニズムをご理解いただきたい。

3、FCoinJP「スーパー配当」の攻略

配当を獲得するためには、「ロックアップ」が必要である。これは株式の売買と同じく、短期売買を目的としている利用者は配当の対象外になる。それに対し、長期投資目的の所有者のみ配当の対象となるのである。

もちろん、「ロックアップ」は固定された選択肢ではなく、ユーザーが即時取引を開始したい場合には、いつでも「ロックアップ」を解除することができる。ただし、解除は24時間過ぎてから有効とされる。以下の漫画でその仕組みをご理解いただきたい。

11月6日は、FJ初の配当日となるため、FJは配分可能な累積収益1039BTC(当時の最新データを基準に)を一斉に振り分ける予定だと、一部の報道で明らかになっている。現在、FJの11月6日における配当率は大体70%であり、11月6日以降、FJは毎日配当を行う見込み。

4、FJ「スーパー配当日」が終了した後の各種判断に関して

FJの予測では、スーパー配当が終了後、以下の市場現象が生じやすいとのこと。

第1、一部の資金が流出してしまう恐れがあるが、その原因は投機目的のマイナーたちが離れたことに起因する。それによって、市場価格が回帰してしまうが、価格の下落を狙い、FJの配当メカニズムを意識しつつ、再び購入する投資家が現れるだろう。

FJの配当メカニズムを理解した投資家の間では、3カ月前後でポジションのコストを取り戻すことが可能で、当面FJは効率の良い投資ターゲットだと考えられやすい。

第2、FJの配当メカニズムを信頼した投資家により大量の投資資金が流入したら、スーパー配当日の後に暴落することを回避することができるが、その逆のリスクも意識する必要がある。もちろん激しい価格変動の後、配当メカニズムの魅力で徐々に安定さを取り戻したら理想的だが、リスクに対する警戒心を捨てるわけにはいけない。

5Fcoinの「FT」の事例を参照

今年FCoinは中国で上場を果たし、FTの累積収益の配当は非常に高い位置に維持されている。理論上、25枚のETH(現在の価値は約57万円)で約100万枚のFTを獲得することができるが、現在の配当を見ると約1億円に達している。FCoinの初の配当日について、以下のデータでにはユーザーが参入状況をご覧いただきたい。

本のあるKOLは、FJの配当を体験した後徐々にFJのモデルに惹かれると述べたようだが、果たしてその惹かれるというのは関係者なのかどうなのかはわからない。ツイッターの価値を創出しているのは、その膨大なユーザー群だが、ただしツイッターのユーザーが、相応な報酬として株式などを配当されたわけではない。実際にツイッターのユーザーはそのプラットフォームから何の利益を得ているかという疑問を持っている。そして、ここ最近はこの取引所が非常に問題視されていることも事実である。

  1. FJ Tokenが1分で500%暴騰も全期間でみれば回復はわずか。
  2. FCcoinJP取引手数料の返還が莫大になっても運営には注意を示すべき
  3. セキュリティトークンの可能性もあるFCoinの配当
  4. 何かと問題となっているFCoinについての解説。

FCoinJPのコミュニティリンク
FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/
FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese
FCoinJP公認Twitter:https://twitter.com/fcoin_jp
担当者summer(Twitter):@summer_clover_