中国の中央銀行である人民銀行(PBoC)がICO市場の規制を検討

中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)が、近い将来ICO市場の規制を検討している模様だ。

ここ一年、ブロックチェーンによるプロジェクトは増え続けており、イーサリアムのプロトコルによる(中央管理ではない)分散型で透明性の高い方法で独自のトークンを配布されている。そのような独自のプロジェクトや企業によってリリースされたトークンは、イーサリアムとの互換性を持つ。

簡単な資金調達方法

ICOを行ってきた多数のブロックチェーン企業が大成功を収めており、数千万ドル規模の資金調達に成功している。実際に、5月3日には、従来型の早期段階のベンチャーキャピタルによる資金調達よりもICOで行った資金調達の方が2.4倍も調達しているとコインテレグラフは伝えている。

仲介者や仲裁人抜きで・・ICOはブロックチェーンスタートアップやプロジェクトのための資金調達を簡単にやってくれる方法なのだ。Gnosisのように、どこからとなく3億ドルという評価額を獲得、アクティブなユーザーベースや、確実な収入の脈をもたない従来では考えられなかった方法で資金を何百万ドルと集めたプロジェクトも存在する。

さらに重要なポイントは・・・ICOによってプロジェクトの早期段階での投資参加が可能となり、個人投資家、独立系の投資家たちも参加可能になったことだ。イーサリアムを購入し、独自のトークンをICOキャンペーンを購入することで、誰でもICOに参加することが可能になった。そういった分散型の仕組みを取ることにより、潜在的な投資家と利害関係者の市場を拡大させている。

しかしながら、ここ数週間、専門家たちはICOの合法性を議論し始めており、将来的にSEC(証券取引委員会)や他の政府機関と衝突が起きるのではないかと懸念している。

ICOに対する投資家たちの懸念

ごく最近、著名なビットコイントレーダーであるホエール・パンダWhalePanda氏は、コンセンサスNYのイベントに関するブログ記事の中で、このイベントでICOの合法性が大きな論点だったと語っている。

明確なビジョンや、利用者基盤、収入の流れや開発プロダクト無しに、ICOによって数億ドル規模での多額の資金調達が行われている点を批判している。特に彼の投稿のでは、GolemとElasticの件を取り上げている。

「例えばGolemを例としてみましょうか。 4億ドル以上の時価総額ですが、これが、というようなはっきりした開発プロダクトがあるわけでもない。イーサリアムベースと理由でこれだけ注目されとお金が集まってきている。また、別の例・・Elastic、これも似たようなプロジェクトですが、700 BTC以上寄付が集まっていますが、彼らはベースにローンチ間近の特定の開発プロダクトがあるというだけでこれだけの資金を集めています。またGnosisの例を考えてみてください、ICOの正気を失ったさまによってもたらされる終わり方はよくないことがわかります」

投資家たちは、ICOの法的な曖昧さを懸念しており、今、政府機関や中央銀行なども巻き込みつつある。最近では中国の地元メディアであるcnLedgerが、近い将来、中国当局によるICO市場の規制が開始されるだろうという、中国人民銀行の仮想通貨研究所所長、ヤオ・チェンYao Qian氏の発言を伝えている

また、スマートコントラクトや、ICO監査会社の存在に関わらず、専門家たちの中にICO市場の規制を提唱する人たちはいるのだ

参考元:Cointelegraph