Blockchain1.0と2.0と3.0とは?【ゼロから学ぶ仮想通貨のお話】

投機的にではあるものの、ビットコインへの今日の白熱ぶりはますます上昇してきています。少しずつ理解してくると「Blockchain1.0」や「Blockchain 2.0」というような単語を聞いたことがあるのではないでしょうか。

今日は、Blockchain1.0、Blockchain2.0、Blockchain3.0について簡単にお伝えしていきます。

LINE@で情報配信中!

1.ブロックチェーンとは?

そもそもブロックチェーンとはなんなのでしょう?詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ブロックチェーン(block chain)

2017.05.07

つまりは、ビットコインで送金した情報を書き記すための記録のことをさしています。そのため、ブロックチェーン状ではさまざまなトランザクション情報が記録されています。

2.ブロックチェーン1.0とは?

Blockchain1.0とは、通貨のことを指し示します。カネをBlockchainに適用することで通貨として機能させる役割を果たしています。そして、カネの非中央集権化を目指します。

3.ブロックチェーン2.0とは?

Blockchainをカネ以外の金融分野へ利用していくことです。たとえば、株式・ローン・クラウドファンディングなどがあげられます。

Blockchain2.0とは、つまり市場の非中央集権化と言えます。

4.ブロックチェーン3.0とは?

Blockchainを金融以外の分野へ応用していくことです。行政や、健康、科学、カルチャーなどがわかりやすい例ではないでしょうか。

特に3.0については今後もたくさんのサービスに利用されていくことが予測されています。

また、随時こちらの記事については情報を更新してくので、ぜひ確認してみてくださいね。

LINE@で情報配信中!