迫り来るビットコインBitcoinバブルの嫌な感はあった、そして下落。しかし程なく回復するだろう。

たった7日間という期間で・・ビットコインは1,900ドルから2,700ドルへというすごい急騰を実現してしまった。そしてたとえば韓国など一部の地域では、Bitcoinは4000ドル近くで取引され・・。

アナリストたちは・・迫り来るバブルの嫌な予感を、修正や調整が行われなければならない局面が来ることを・・予測していた。

5月27日、Bitcoinの価格は500ドル、$ 2,500から$ 2,000に低下、これは5月初来の強烈な「急激さ」である。そして次の日も引き続き・・下がった。

ここ一か月、ビットコインBitcoin投資家とトレーダーは流星のような・・一躍なその価格上昇を満喫していたBitcoinの価格は、仮想通貨データプロバイダによって出された世界平均価格をベースに、1,300ドルのあたりからピーク時2,700ドルにまで・・2倍に上昇したのである。月ベースで見て、ビットコインBitcoinは35%増を記録している

様々な側面・・投資家からの需要や取引量、有機的でない規則性のない価格上昇、検索トレンドの急上昇など、それらに基づいてエンゼルBitcoin投資家のトレーシー・メイヤー氏はじめとするアナリストたちは、今週の早い段階、すでにBitcoin第4のバブルを予測していた。

View image on Twitter

ARK Investのアナリストであり、Nvidiaの元研究者でもあるジェームス・ウォン氏も、Mayerと同様の点を指摘し、グローバルな仮想通貨市場でのバブル懸念を取り上げていた。

ウォン氏は、近頃のビットコインBitcoin2,500ドル圏への価格急騰は、ビットコイン以外の仮想通貨=アルトコインaltcoinに10倍の利益をもたらしたことを解説している。これは一時的で日和見なトレーダーや投資家の仮想通貨市場参入を助長してしまうと。

Early sellers・・初期の売り手たち

ウォン氏いわく・・

“Seeing that Bitcoin has crossed $2,500 and other tokens have gone up 10x, every aunt, uncle, and teenager rushes in, pushing total crypto market valuation over $100 bln. As optimism reaches fever pitch, the smart money exits. With new buyers exhausted, the markets unravel faster than non-nitrous oxide establish foam.”

訳→「Bitcoinが2,500ドルを超えて、他の通貨が10倍になってくると、そこらのおじさんもおばさんも、10代の子供たちもまでもが・・みんな仮想通貨市場に押し寄せてきて、仮想通貨市場の評価額は100億ドルみまで押し上げられてしまう。市場への楽観視が熱狂に近づくにつれ、スマートマネーは市場から出て行ってしまう。新しいバイヤーは疲れ切ってしまい、市場は人々を魅了したり、夢中にさせる前にしぼんでしまう」

しかしながら・・ビットコイン初期の売り手の「スマートマネー」、とウォン氏が表現している部分は正確な表現とは言い難い。日本を拠点に活躍するアナリストで、IndieSquareの共同設立者であるヒガシ・コウジ氏が以前に説明しているように、実際は日本や韓国他では「スマートではない」お金が、ビットコインBitcoinとアルトコインaltcoinの両方の市場に焚きつけるための燃料として「くべられている」状況なのだから・・というところであろう。

アルトコイン・バブル

短期的な投機目的で仮想通貨市場に参入した投資家たちについて、「スマートマネー」とかスマートな投資家と言わない方がいいだろう。

「つい最近の、新参者の日本の投資家が、このもの凄いアルトコインaltcoinバブルを操っているわけであり、それほどスマートではないお金が空間、つまり市場を彷徨っている・・そしていくつかのアルトコインは不安よぎる値段に突入している」とヒガシ氏は語る。

2013年に、そして3つのバブル時そうだったように・・ビットコインBitcoinの価格は早々に回復する可能性が高い。2013年、ビットコインBitcoin回復には5〜6日くらいを要している。

参考元:Cointelegraph