LCCのピーチ航空、業界初のビットコインBitcoin決済へ!

ANA子会社の格安航空会社(LCC)ピーチアビエーションは5月22日、仮想通貨ビットコインで航空券などの購入を可能にする決済システムを2017年12月末までに導入すると発表しました。同様のシステム導入は国内航空会社業界初。

 

ビットポイントジャパンと提携

 

同社は仮想通貨の取引所を運営するビットポイントジャパン(東証マザーズ上場のリミックスポイント子会社)と提携し、仮想通貨による決済システムを導入することを発表しました。航空券購入のほか、空港にビットコイン専用ATM(現金自動預払機)を設置しビットコインから現金への両替も行えるようにする。航空券のオンライン決済、ピーチの利用者が旅先で訪れる土産物店や飲食店、ホテルなどで、ビットコインが使える店舗を増やす取り組みを両社で進める。北海道や東北、沖縄などをモデル地区として、自治体や地元企業に決済手段としてビットコインの採用を呼びかける。

 

 

スマホ一つで出かけるスタイルへ

 

ピーチの井上慎一CEO(最高経営責任者)は、「旅が簡潔になる。財布を持たずに旅行できるのはイノベーティブだ」と述べ、スマートフォン一つで出掛ける旅行のスタイルを一例に挙げた。ピーチのウェブサイトで航空券を購入する際、クレジットカード払いでは440円、コンビニ払いでは550円の支払手数料が掛かる。井上CEOはビットコインの支払手数料について、クレジットカード決済と比べて「恐らく下がる方向になるだろう」と、手数料が現在よりも安価になる可能性を示唆した。

一方、ビットポイントジャパンの小田玄紀社長は「“安心・安全な仮想通貨取引”をコンセプトに、上場企業のリミックスポイントの子会社として、どこよりも安全でどこよりも安心な日本最大のビットコイン取引所を運営しています」と自社を紹介。また、フリーダイヤルによるサポート体制を整えていたり、楽天証券でシステム開発責任者を務めたメンバーが開発した決済システムを利用し、証券会社レベルの強固なセキュリティと管理体勢のもとで運営したりといった、安心・安全に対する取り組みについて説明した。また、空港内に設置予定のATM機については「北海道と東北、沖縄のピーチのカウンターへの設置を考えている」と語った。

 

 

インバウンド需要に向けて

 

井上CEOは、「ビットコインを活用した新たな旅の提案は、日本政府が掲げる2020年までのインバウンド4000万人、ひいては地域創生に対する新たな提案になる、またそうしたいと考えている」と、期待感を示した。ビットコインは中国人の利用が多いと想定。「日本でも使う人が増えている。使える店が限られているのがチャンス。“この指止まれ”で、興味を持った方たちと進めたい」と語り、仮想通貨の分野で他社よりも先行していく姿勢を示した。

 

参考元:トラベルウオッチ他