三菱東京UFJの仮想通貨MUFGコインとは?

独自の仮想通貨発行へ

三菱東京UFJ銀行は5月1日より、独自の仮想通貨「MUFJコイン」の実証実験を始めた。年内に国内の全行員約2万7千人が使えるようにして、来春には一般向けに発行するという計画だ。

ビットコイン同様のブロックチェーン技術で、決済や送金が低コストでできるというものだ。メガバンクによる世界初の仮想通貨プロジェクトに期待が高まっている。

新たな仕組みでは、スマホにアプリをダウンロードして仮想通貨の口座を作る。

銀行口座のお金を1円=1MUFJコインに交換して使う。価値が変動するビットコインとは異なり、法定通貨との交換比率は一定にする。店舗にアプリを入れたスマホやタブレットがあれば、専用端末がなくても支払える。

法定通貨をチャージする「Suica(スイカ)」のような電子マネーと異なり、仮想通貨は利用者同士がコインをやりとりできる。例えば、割り勘分を後でまとめて支払った人にコインで払うことができる。コインは必要に応じて現金に戻せる。

実験はまず、5月に役員ら200人で始めて、7月には1千人超に広げる。年末には全行員が使えるようにする。行員同士の送金や行内のコンビニでの支払いなどに使い、来春にも一般向けに発行する方向だ。(今秋と発表されていたが、発行方法も検討するため来春に先送り。)

スマホをかざせば現金を引き出せる新型の現金自動出入機(ATM)を来春から配備することも検討。地方銀行へのシステム提供も検討。各地銀の独自ブランドで発行する形にする。

ブロックチェーンでは、分散配置されたすべてのコンピューターに取引が記録され、その内容は瞬時に相互チェックされる。誤りがあれば取引は成立しない。改ざんはほぼ不可能な設計になっており透明性が高い。

銀行は現在、巨大なコンピューターにより中央管理で取引をコントロールしており、これには膨大なコストがかかる。仮想通貨を使ったシステムに移行することで、巨額投資の費用などが抑えられる。

利用者にとっては、振り込み、特に海外送金手数料や外貨両替の手数料などが大幅に安くなる。三菱東京UFJ銀は、コンビニのポイントとの交換機能をつけることも検討中だ。

MUFJコインはキャッシュレスは加速させるか?

国内ではSuicaなど電子マネーの普及で、少額の支払いによる現金使用率が近年徐々に低下している。それでも日本は依然、現金(キャッシュ)志向が根強い。

日銀の統計、GDPに対する我が国の現金流通残高比は19%で、米国8%や韓国5%、スウェーデン2%などに比べると断然高い。

紙幣や硬貨は、コスト(製造、輸送、保管など)がかかる。キャッシュレスでこうしたコストを削減できる。銀行はATM網を簡素化できる。また、電子マネーの膨大なデータを公共政策に生かしたりすることもできる。

参考元:朝日新聞他

LINE@で情報配信中!