5月22日、Gingerのリリースで新局面迎えるビットコインBitcoinの拡張問題(スケーラビリティー)

ビットコインのスケーラビリティ(拡張)問題は、5月22日予定のRSK Labs Gingerのテストネットのリリースにより何等かの影響受けるだろう。

Gingerは、RSKプラットフォーム初のメインネットバージョン。オープンアクセスを提供する唯一のプロダクション・ネットワークだ。

Rootstock考案者であるRSK Labsは、Two-way pegged federated sidechain=双方間の互換性と、ビットコイン・ブロックチェーンへのマージマイニング機能を備えたスマートコントラクト・プラットフォームである。

(*簡単に補足説明するとビットコインとつながったサイドチェーンであり、ビットコインの透明性あるセキュリティ面などの強みを生かしつつ、イーサリアムのような複雑なコントラクト作成=スマートコントラクトをサイドチェーン上で実現するプロジェクトである。)

もし運用されたなら、RSKは1秒間100トランザクションの処理と即時決済を可能にするのでSegWit導入の必要がない。また、イーサリアムが現在実行可能なことの大半、あるいはすべてを6倍の速さで行えるともてはやされているのである。これはイーサリアムバーチャルマシンと完全な互換性のためである。しかし、これがビットコイン・ネットワークと組み合わさることでどのようなことになるのかはまだはっきりしていない。

永続的な解決策なのか?

最近、ビットコインのスケーラビリティー問題は・・「ブロックサイズをいかに解決するのか?」という暗礁に乗り上げた問題に対して永続的な解決策を求められている・・そんな状況であり、コミュ二ティーからの声が高まっている。RSKは短期的、一時的な解決策とされる中、共同創設者のガブリエル・カーマン氏はRSKはビットコインのスケーラビリティーの長期的な解決策になると言っているのである。

「SegWit、あるいは2MBにサイズ拡張する方法であっても現時点での問題や手数料削減などの短期的な解決策となります。しかし、長きにわたって何十億の人々にビットコインネットワークを提供するためにはRSKのようなドライブチェーン経由による拡張が必要となるのです。」

ビットコインネットワーク上のスマートコントラクトプラットフォームの役目は、ビットコインを従来通貨とし、ビットコインブロックチェーンと接続、双方間の互換性の上にビットコインとスマートBTC交換可能とすることである。

長期的なスケーリング

RSKは1秒間に100トランザクションの処理を可能とします。(これに対して現在は7トランザクション)しかし、Luminoトランザクション圧縮プロトコル(LTCP)をもってすれば1秒間に2000トランザクションが可能となります。いったんRSKにLumino Networkが配備されれば、オフチェーンでは20万トランザクションまで可能となりますから、VISAの処理能力レベル並みとなります。こうして長期的にビットコインのスケーリングをやっていくこととなるのです」

しかし、SegWitを運用する必要がないということがSegwit自体不必要ということを意味しているわけではない。特にRSKの最終的な段階までまだまだ遠いのだから・・と彼は付け加えている。

「展性の問題の解決にはSegwitは必要でしょう。RSKはSegwitが採用されようとされなかろうと稼働するでしょう。RSKの完全な操業とマージ・マイニングにはまだ何か月もかかります。ですからそれまではSegwitでブロックサイズを増やしていくのがよいわけです」

マイナーたちはオープンソースの観点からRSKのオペレーションについて意見することができ、それは将来を見据えた機能のアップデートにもなるだろう、としている。

RSKチームが1秒間あたりのトランザクション件数を画期的解決策で成功させられたならば、ビットコインの価値、価格の促進力になることは間違いないだろう。

参考元:Cointelegraph