PoW(Proof of Work)

PoW(Proof of Work)とは、コンセンサスアルゴリズムであり、P2P(Peer to Peer)のネットワークと関連してよく出現するワードです。

ネットワークの中で「どのような地位を発言権(投票権)として認めるか」という問題に対する一つの解決案です。Bitcoin(ビットコイン)ではコンピュータの計算量に応じて発言権を与える事にされておりますが、超難問のクイズのようなものを最初に解答できたものに発言権(=ブロック)を与えられています。

Bitcoinのネットワークにウソの情報を与えるためには過半数の発言権を手にしなければなりませんが、それにはネットワーク全体の半分以上のコンピュータの力を要します。また、ビットコインの情報を過去にのぼって改ざんするにはより一層難易度やパワーを必要とするため、事実上不可能(あるいは新たにマイニングをするほうが合理的)です。

また、さらにその計算には同時に多大なる電力を必要とするため、近年では社会問題となっています。PoWとよく比較されるのがPoS(プルーフオブステーク)です。