7月1日、オーストラリアでビットコインは「お金同様に」!

オーストラリア政府は、今年よりビットコインをお金同様に扱い、もはや二重課税の対象にはならないようにすると決定した。

2017-2018予算案の中で、政府は「オーストラリア国内で革新的な仮想通貨事業をより容易く行えるように」計画していると明言している。 そして商品流通の過程で課税は一度のみにすることをはっきりさせている。

「2017年7月1日から、仮想通貨の購入時に消費税が課されることはなくなり、消費税課税において実際のお金と同様の扱いとなります。現在、仮想通貨を使用する消費者は消費税をしっかり2回払わされているのです・・・1回目は、仮想通貨を買う時、そして また商品やサービスを受ける時に仮想通貨を利用するともう一度消費税が課されることになるのです」

オーストラリアは最近まで仮想通貨の規制に関して問題を抱えていた。それは二重課税を許してしまったことで2014年、国内の著名な企業が営業を停止してしまったことがそもそもの発端となっている。結果、オーストラリアはこの分野の改革・革新において、他の自由で大きな市場からかなり出遅れてしまった。

今年、ブロックチェーンも含めて革新的なフィンテック関連の取引が世間的な注目を集めているが、予算の骨子を見ると、オーストラリアのビジネス環境を改善したいという想いがうかがえる。

「この分野の改革はオーストラリア市場の成長を前進させることでしょう・・・・政府はオーストラリアに世界の中心的なフィンテックハブセンターを設立すると宣言しており、世界を牽引するようなフィンテック産業にするべく新たな統括的な提案の発表予定です」

また同時に、オーストラリア国内での業界に対する楽観的な期待も高まっている。

参考元:Cointelegraph