FJ Tokenが1分で500%暴騰も全期間でみれば回復はわずか。

FJ TokenがFcoinJPで取り扱い開始、わずか1分で500%暴騰。日本仮想通貨メディアのデジタルジャーナルの報道によれば、FJ TokenがFcoinJPで取り扱い開始してから一瞬で500%暴騰したと伝えたと報道。日本時間10月30日の午後9時に取引が開始され、わずか1分後に500%暴騰した急展開。トークンの市場価格が瞬時に0.05USDTに達した。

一時、FCoinに関する情報がTwitterでも増えました。

メディアの報道によると、FCoinは「”FT”は暴騰の後に暴落し、多くの個人投資家に損を蒙らせてしまった」と報じていたが、多くのユーザーがFCoinのおかげで再び立ち直り、FCoinを通じて莫大な資産を獲得した、と次々とコメントを残している。FCoinの統計データによれば、40%の初期投資家が10倍以上の収益を得ていると報じている。

画像:https://www.coingecko.com/en/coins/fcoin-token より

しかし、FCoinはご覧の通り、今年の7月からは大きく価格割れしているのが実態であり、500%の価値暴投も全体で見ればほんの一時的な解消にしかなりえない。初期の投資家司馬氏によれば、「多くの人々がFTを全く理解していないので、通常の仮想通貨として投機している、それだとお金を稼ぐのが難しい」と語る。その司馬氏は、わずか200万円の投資で、1億円の収益を得たとしている。

FCoinとは、いったいどのような存在なのか?

1:大きな利益配当

FJの発行数量は100億と言われている。その51%は取引によるマイニングで算出され、FcoinJPの日々の収入の80%はFJホルダーに配当として分配されている。少し不可思議な話だが、これはつまり、毎日配当する株を買ったのと同じくらい「トンデモ話」に聞こえてくるが、事実、FTは毎日配当を割り当てている。

その証拠として、次のデータをご覧いただければ、その「トンデモ話」の実体が見えてくる。

Fcoinに関する配当のイメージ

これは6月5日から9月21日まで、百万単位ごとのFTの配当マップである。

まずは総額を見ると、この期間に100万枚のFTで合計106.5493btcの配当が放出されていた。ビットコインの平均価格を5万人民元とすれば、収益は532万人民元となるわけだが、つまり、100万のFTで、532万人民元の配当収益を得ることが可能となる。それを平均すると、一枚のFTはいくらの配当を得られるだろうか?

答えは、1枚のFTの配当は人民元に計算すると5.3274元に達している。FTのICO価格は0.00002 ETH、取引所価格0.000025ETH。計算すると、わずか25ETH(今は57万円相当)で、100万FTを獲得でき、今までの配当は約1億円に達している。

2:買いだめの方法

司馬氏は初期ユーザーとして100万以上のFTを保有し、現在の配当は約一億円になっている。司馬氏は「実際の取引ではETHの価格は浮動することもあるから、私は200万円で100万以上のFTを獲得した」と語っていた。

彼はどのように100万のFTを買いだめしたのか? 氏によると、主にマイニングと取引所での購入を通じて入手したそうだ。

「FCoinが上場した日から、私もマイニングを始めた。そして初期は最大の配当期でもある」と司馬氏は語る。初日から頻繁に取引を行ったせいで、かなりの手数料がかかったらしいが、翌日からそれらの手数料がFTになって自分のアカウントに戻ってきたと言う。

「どのコインも、初期の価値が一番高いということを覚えてください」と司馬氏が付け加えた。初期にマイニングされるコインの数が少ないため、一枚のコインの配当価値もそれなりに高くなると氏は述べた。

しかし、日々における取引高と取引頻度が限られているため、司馬氏は1日数万程度のFTしかマイニングできなかった。そこで氏は、マイニングと同時に取引所でFTを大量に購入し始めたのである。

「FTが急増する前に、価格は比較的に低い状態だったから、直接マイニングするより少し高かったけど、買いだめの価値はある」と司馬氏は述べた。

こうして、彼は最初に数百万のFTを手に入れたのである。後は、配当を待つのみ。

3:1億円相当の配当

その後、配当が津波のような勢いで一気に流れ込んできた。そして6月、百万ごとのFTに対する1日あたりの利益配当にみんな驚嘆した。上記の表からでも分かるように、6月13日、百万ごとのFTに8BTCが配当されていた。

「毎日、自分のアカウントのコインが狂ったように増えているのをじっと見ていた」と司馬氏が告げた。毎日の午後何もせずにコンピュータの前に座って、配当を待っていたとのことだ。

今、彼のアカウントには約1億円に当たる配当が入っていると言う。最後に、司馬氏はこう述べた、
「この期間に、FTの価格が暴騰と暴落を繰り返していたけど、私は全く焦らなかった。なぜかというと自分は配当収益を狙っていたので、FTの価格は別に気にならない」

事実上、初期のユーザーコミュニティーには、司馬氏のような人がかなり多かった。FCoinの統計データによると、40%の初期ユーザーは10倍以上の収益を得たことが明らかになった。司馬氏は、「億万長者の鍵FCoin〜富のコード」を次のようにまとめた。

「マイニングは早いうちに、配当を逃がさずに」
「購入も早いうちに、配当は遅れることはない」
「保有はブレずに、ロングテールで効果を寝て待つ」

FCoinJPは「トークンエコノミーのリーダー」であると自負しており、また、世界中に「取引マイニング」モデルを普及させるための準備が整えたと表明したが、まだまだその先は長そうだ。

FCoinJPのコミュニティリンク
FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/
FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese
FCoinJP公認Twitter:https://twitter.com/fcoin_jp

LINE@で情報配信中!