マルタ ブロックチェーンサミット

日付: 2018年11月1日~2日
会場: インターコンチネンタル
住所: セント・ジュリアン、 セントジョージズ ベイ
チケット購入: https://maltablockchainsummit.com/buy-tickets

2018年の第一四半期間に明らかになってきたように、マルタブロックチェーン・ハブとしてリードしてきている。また、2大仮想通貨取引所のバイナンスとOKEx(オーケーイーエックス)がマルタに移転を決定し、「ブロックチェーンアイランド」としてメディアを越えて知られている。5000人越えのデリゲート、何百人もの投資家、100人のスピーカー、300人のスポンサーの出展者を誇るマルタブロックチェーンサミットは、マルタが暗号通貨取引所とブロックチェーン・アプリケーション開発者のための最初の規制管轄権として確立しつつある中心的な役割を担っているということを踏まえ、世界的なインフルエンサーが交流や人脈づくり、見込みのあるブロックチェーンアプリケーションについて議論することのできる革新的で重要な機会であることを約束する。

このサミットは領域の行政と規制、マーケティング・合併、フィンテック、トークノミクス、暗号通貨、そして開発者のためのブロックチェーンを網羅した4つのカンフェレンスで構成される。展示をする方々に最大の価値を提供するため、ブロックチェーン開発者とアフィリエイターたちはサミットに無料で招待される。またサミットには2日間のハッカソン、ICOピッチ、展示場フロア、ブロックチェーンアワード授与式なども開催され、クリプトクルーズで締めくくられる。

すでに多くの国際的な登壇者たちの参加が決まっており、ブロックチェーン共同開発者のW・スコット・ストーネッタ、エバーコイン創設者ミコ・マツムラ、フォーブスが選ぶ 30 歳未満の 30人のトゥーチェ・アーガル、テッククランチ編集者マイク・ブッチャー、その他にもジョン・マトニス、フェリックス・ピーターソン、ロレッタ・ジョセフ、イーダ・ガオ、ティム・レダー、マーク・P・バーネガー、マックス・クリプシェブ、プラシャント・フォンセカ、ゴードン・アインシュタイン、アレックス・ライトマン、エバ・カイリー、セバスチャン・マコウスキー、ジョセフ・カスチェリ、フィリップ・シェブリ、スティーブ・テンドン、アイアン・ガウシーなど。マルタ共和国ジョゼフ・ムスカット首相がカンフェレンスを開会する

リンク: www.maltablockchainsummit.com