シンガポールでブロックショー・アジア2018開催決定

今回のブロックショー・アジア2018は、経済の中心と言っても過言ではないアジア、シンガポールのマリナベイ・サンズホテルで、11月27日から12月1日に、アジア・ブロックチェーンウィークとして開かれます。

イベントは経済の中心地、アジアで開催されますが、最もアジアで急速な経済成長をしている、中国、インドもアジアにあることから、アジアは成長を生み出す「工場」とも呼ぶことができるでしょう。また、今から50年前近くの話になりますが、アセアン宣言によって、最も経済的成長が早い地域として注目され、さらに過去5年間でGDP経済成長率が3−8%に繋がったことにも起因しています。

[ブロックチェーンの「成熟期」がみられる機会]

過去2年で、ブロックチェーンは兆ドルの市場まで急成長してきました。しかし、市場価格価値は急激に下がり、現在では200億ドルの市場となりました。この下降現象は、仮想通貨市場がホットマネーが消えてきたことに所以しており、現時点で格式の高いプロジェクトしか残っていないことにあります。
このブロックチェーン市場の成熟は、機関投資家、政府、法人、及びテクノロジー企業が、仮想通貨、ブロックチェーンについて理解し、ブロックチェーンがただ単なる風潮でなく、これから先、ブロックチェーンが浸透して行くことを意味しています。

さらに、世界銀行でも、ブロックチェーンを支持しており、オーストラリア銀行と協力し、債務マネジメントをブロックチェーンで管理をすることも始めています。また、世界銀行の財務長のAruma Otehも、インドのミント新聞紙にこ次のように応えています。

1947年に最初の債務取引が行われて以来、資本市場の成長を促すため、イノベーションおよび、投資家への満足度が我々の成功の元となっています。今日、ブロックチェーン技術は変革を起こすのを可能にし、市場を強化するのとともに、投資家のニーズへ応え、さらに、イノベーションを起こしていくのを可能にしていくことでしょう。

アジアブロックショー2018を金融の拠点であるアジアで行うことによって、ブロックチェーン業界でのネットワーキング、マーケテイング、投資、およびテクノロジーシェア、業界の交流の場所をより一層強化できる場になると考えられています。

昨年、ブロックショーアジアが1,500以上の出席者および、66のスポンサー、67人の国際色豊かなスピーカー、QTum のPatrick Dai、EOSのBrok Pierce、BnktothefutureのDavid Orban およびSimon Dixon、Quione のMike Kayamori、NeufundのZoe Adamovicz, Waves のAleander Ivnovなどがスピーチを行いました。

今年のイベントは、昨年に引き続き、4,000以上のブロックチェーン関係者が出席し、ブロックチェーンコミュニティーを強化したものを作り上げるとも期待されています。さらに、今回は、五日間のイベントとなり、ブロックチェーンの「成熟期」に近づく機会になるとも見込まれています。

また、今回のイベントに訪れる起業家は、実際に実績のある投資家、トレダー、デベロッパー、スタート・アップに関わっている人たちです。アジア・ブロクチェーンウィークは二つのカンフェレンスから成り立っており、投資家、パートナーおよび、顧客とのネットワーキングの交流の場となり、面白いプロジェクトがでてくることとなるでしょう。

イベント最終日5日目には、「オープン・ドアデイ」といったブロックチェーンの全ての拠点、アクセラレーターおよびシンガポールの企業が特集されたイベントが繰り広げられます。

あらゆる人々の生活に、ブロックチェーンの可能性が関わり、浸透して行くブロックチェーンテクノロジーは軽視することができなくなっています。このアジア・ブロックチェーンウィークでのブロックショー・アジア2018は、ブロックチェーンが浸透して行く過程の中で、出席者が成熟期に貢献し、目撃する場ともなることが期待されます。スポンサーになる、或いは、チケットを購入するとしても、ブロックチェーン業界のカンフェレンスで最高なイベントへ参加し、業界の交流を図るいい機会となるでしょう。

LINE@で情報配信中!