仮想通貨が法定通貨に取って代わる|金融市場は「世界史における最大の墜落」へ“金持ち父さんロバート・キヨサキ氏”

知らない人はいないであろう「金持ち父さん貧乏父さん」世界的なベストセラー本。この書籍の著者である、ロバート・キヨサキ氏は、news.com.auのインタビューで「金融市場は暴落する」といった発言をしました。また、キヨサキ氏と言えば、仮想通貨の支持者としても知られており、4月には「仮想通貨が米ドルに取って代わる」とも答え、今回追撃となる“米ドル”についても厳しい指摘をしているのです。

あなたは、基軸通貨という言われる“米ドル”の存在価値、そしてただのバブルだと言われている“仮想通貨”に対して、キヨサキ氏とどう議論するでしょうか。

金融市場は「世界史における最大の墜落」金持ち父さんロバート・キヨサキ氏が予言

ロバート・キヨサキ氏は、主流の金融システムが、かつてない大きさの規模となる「危機」に向かうと予測しています。その理由は、「米国連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和」が、バブルを作っているという指摘。そして、「残念ながら……」と口火を開き“こう述べています”▼

2000年におきた大きな暴落は、「ドットコムバブル」クラッシュと呼ばれています。2008年はサブプライムローン(不動産住宅)のクラッシュが原因だとしたうえで、次は過去に類を見ないほどの大規模なものになると発言。それは、いつになるか分かりませんが、前触れは出ているとし、更には“米ドル”についても言及をしました。

偽りのお金がたくさんある「米ドル」はすでに”フェイクマネー”

金融の歴史をご存じの方は、お分かりになるでしょう。ニクソン大統領が1971年に金本位制をやめました。これにより、変動相場制になったことから、「米ドルもフェイクマネー(偽りのお金)になった」と警告しました。

問題は、米ドルが目に見えない存在になったことだと言います。それは、「彼らが好きなだけ、望むだけ“印刷”することができる」という問題にぶつかります。日本のお札に置き換えて考えれば同様の意味をもつのでしょう。日本のお金についても、足りなくなれば“刷ればいい”、そうして市場に数多くの「紙幣という紙」が流れ出せば、その値はどんどん薄れていき、やがて価値のない“ただの紙切れ”になりうるわけです。

しかし、刷り続けることを国民にはストップがかけられません。では、一般人はどうすべきなのでしょうか。

キヨサキ氏は「一般人がすることは、オーストラリアの金やパースミントから銀を買うこと。」と主張し、米ドルが下がれば、金が上昇することも改めて補足しています。

金持ち父さんキヨサキ氏、「仮想通貨が法定通貨に取って代わる」と発言

4月のラジオ番組に出演したキヨサキ氏は、世の中には「3つのタイプのお金」があると解説▼

1つ目は「国が発行するドルやユーロ、円などの法定通貨」いわゆる、これは政府のお金
2つ目は「金や銀など、永久不滅のお金」神のお金
3つ目は「仮想通貨など、人々のお金」人民のお金

その上で、金や銀、そして近い将来「仮想通貨がドルに取って代わるだろう」と主張しており、更には

「米ドルは詐欺だ」と述べ、我々はドルの終わりを見ているところなのだ。とも述べているのです。

The US dollar is a scam,” Mr. Kiyosaki stated, adding, “I think we’re watching the end of the dollar.”

引用元:“People’s Money” Crypto to Outlast Fiat “Scam” – Rich Dad, Poor Dad Author|https://news.bitcoin.com/peoples-money-crypto-to-outlast-fiat-scam-rich-dad-poor-dad-author/

筆者感想

キヨサキ氏は米国に住んでいる以上、法定通貨の例は“米ドル”だっただけ。前触れをしていますが、日本円も何もかわりはありません。むしろ、国内に住む私たちが、この様子をしっかり見続けてきたのではないのでしょうか。

物価上昇率2%という目標達成時期の明記は消し、これが金融政策の失敗であることも認めず、お金をとどめなく放出し続ける。生まれたての赤ちゃんも含めた日本人国民全体で背負えという負債。それでも1000兆円超もの債務は消えません。例え、借金の「数字は嘘だという説」を考慮しても、これからも背負い続ける債務は増え続けるしかないとみられる国内の状況。

お金とは「何」なのでしょうか。国が勝手に刷り続けるお金ではない「仮想通貨」が、ひとつの役割を果たす可能性も無いとは、言いきれないのかもしれません。ひとりひとりが、今ある現状に向き合い、自己防衛を講じなくてはならないということだけは確かなのでしょう。

 

参考資料:.bitcoin.com、cointelegraph、coinpost

https://news.bitcoin.com/peoples-money-crypto-to-outlast-fiat-scam-rich-dad-poor-dad-author/

https://jp.cointelegraph.com/news/rich-dad-poor-dad-author-robert-kiyosaki-warns-biggest-crash-is-coming

https://coinpost.jp/?p=40176

 

 

LINE@で情報配信中!

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」