ブロックチェーン技術への支出「およそ10倍」に増加見込み|日本とカナダで最も急速な成長か

世界中で企業や組織のブロックチェーン技術への関心は高まり続けています。主に仮想通貨の登場から注目されはじめましたが、今後は今年2018年から2022年の間にブロックチェーンソリューションの世界的な支出が「およそ10倍」に増加すると見込まれているようです。技術への投資額は別として、急速な成長(CAGR)が見られる国は“日本とカナダ”の名があがっているようです。

ブロックチェーン技術への支出「およそ10倍」

市場調査会社IDC(International Data Corporation/インターナショナル・データ・コーポレーション)によると、ブロック・チェーンソリューションのに対する世界的な支出は、2022年には117億ドルに達すると予測されています。今年2018年では昨年から2倍の15億ドルになると見込まれており、2017〜2222年の予測期間中に、堅調に伸び続け73.2%の年平均成長率(CAGR)が期待されると報告されました。

米国はブロックチェーン技術分野への投資額が最大である米国は、世界支出の36%を占めています。次に支出の多い国は西ヨーロッパで、次に中国が続いています。また、アジア太平洋地区(APeJC/日本と中国を除く)はブロックチェーンへの多大な投資を見込まれます。

支出ガイドでカバーされている9つの地域は、2018-2022年の予測期間に驚異的な支出の伸びを見せ、国別ベースで見ると予測期間中にCAGRが、日本108.7%、カナダ86.7%に達するといいます。(※CAGRとは年平均成長率。複数年にわたる成長率から、1年あたりの幾何平均を求めたものです。)

世界的には、分散型帳票技術(DLT)の支出の大部分が、銀行関係業界の急速な普及により、今年は金融分野で5億5200万ドルの支出見込み。第2位には、物流部門とサービス部門が占めており、製造業と資源部門が第3位になります。プロセス製造業(CAGR 78.8%)、プロフェッショナルサービス(77.7%CAGR)、銀行業務(74.7%CAGR)が、ブロックチェーンの支出が最も急速に伸びる産業としてあげられています。

金融業界では、法令遵守、国境を越えた支払いと決済、保管と資産の追跡、貿易金融および貿易後と取引の決済を含む多数の共通使用事例にブロックチェーンが役立っており、金融サービス部門は、2018年に西ヨーロッパ、中東、アフリカ(MEA)、中国、およびAPeJCが主要な成長になるとみられています。

昨年ビットコインが高騰していた12月の調査結果では、カナダ人の58%が投資目的で保有していた様子。日本でも同様の状況が思い出されますが、カナダも日本も投資目的だった視点は、技術革新へと向かい始めているのでしょうか。ブロックチェーン技術への資金流入でいえば、上位国にくらべれば先進国の中でも日本は遅れていると言われてきましたが、2022年までに急激な変化が起こる可能性もあるのかもしれません。

 

参考資料:idc、CCN、cointelegraph

https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS44150518

https://www.ccn.com/global-blockchain-spending-to-hit-11-7-billion-in-2022-fastest-growth-in-japan-and-canada-report/

https://jp.cointelegraph.com/news/bank-of-canada-study-finds-58-of-canadians-own-btc-for-investment-purposes

 

 

LINE@で情報配信中!

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」