LINEが仮想通貨交換「BITBOX」7月スタート予定|日・米除く世界で取引

昨日28日に開かれた「LINE CONFERENCE 2018」、ここで、以前発表していた仮想通貨交換業への発表がありました。LINEがスタートする仮想通貨取引所は「BITBOX」。開始予定は7月中ですが、しかし……。残念なのは、日本人にはサービスの提供がありません。LINEと言えば、日本で大人気のはず。日本の規制には、まだ乗っかれていない状況の為か、厳しいと言われる日本と米国を除く“ワールド”展開。取り扱う仮想通貨も30種類以上だとか。

日本は除かれる、LINEが仮想通貨交換「BITBOX」7月予定

日米を除く全世界で利用できるという仮想通貨取引所BITBOXは、日本語とタイ語以外の英語や韓国語など15言語に対応。日本居住者や海外在住の日本人には提供されません。また、米国居住者に対しても、一切サービスを提供しないといいます。アクセスに関しては、通常であればどこの国からか分かりますが、非対象のユーザーには、IPアドレス・電話番号・KYCによって利用を制限するとしています。

取扱いの仮想通貨について、まずは発足時にBitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoinなど、30種類以上のコインをサポートが発表されています。なお、取扱いの通貨は、随時追加していく予定だとか。現段階で伝えられる売買時の取引手数料は0.1%

LINEが日本の金融庁に仮想通貨の交換業登録申請をしたことが明らかになってから、待っていたユーザーもいるかもしれません。しかし、日本の法から時間がかかっており、皮肉にも日本人へのサービスを除いての開始になります。

今回のイベントでは仮想通貨取引所の開始だけではなく、興味深いことを幾つか話されています。キャッシュレスへの活発な動き、LINEトークンエコノミーなどの構想もあり、日本もチャットアプリで簡単に決済ができ、中国のように全てが現金お断りとなる姿も近いのでしょうか。

 

参考資料:techcrunch、cointelegraph

https://jp.techcrunch.com/2018/06/28/engadget-line-7/

https://jp.cointelegraph.com/news/line-annnounced-crypto-exchange-service-bitbox

https://jp.cointelegraph.com/news/the-president-of-line-blockchain-is-paradigm-shift-since-internet

 

LINE@で情報配信中!

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」