スイスの銀行Hypothekarbank Lenzburgが「初めて」|仮想通貨企業にビジネス口座を提供

スイスのレガシー銀行、Hypothekarbank Lenzburg(ヒポティーカバンク・レンツブルク)は、先日スイスで初めてビジネスアカウントを仮想通貨企業に対して開設しました。ビットコインの取り扱いサービスについては解禁する銀行もあったかもしれませんが、多くのレガシー金融機関はこうしたことに対して完全に拒否しています。

スイスの銀行が仮想通貨企業にビジネス口座を初提供

スイスでは昨年にファルコンプライベートバンクが、顧客に暗号通貨サービスの管理を提供することを発表しました。この時、顧客に暗号通貨サービスを提供するのは、世界で初めてのことでした。今回は、ヒポティーカバンク・レンツブルクが、仮想通貨関連企業に「口座」を初めて開設した銀行になります。ファルコンプライベートバンクとは違うことを尊重していた様子です。

CEOのマリアンヌ・ヴィルト氏は、銀行も仮想通貨やICO(イニシャル・コイン・オファリング)がマネーロンダリングの問題の温床になっていることは十分わかっていると述べており、だまって許可をしただけではないことも明らかにしました。それは、マネロン関連のリスク、そしてコンプライアンス問題を調査し、仮想通貨関係のスタートアップ起業と連携する事前に、スイス金融市場監査局(FINMA)に報告したと伝えています。

スイス人は仮想通貨の潜在的な可能性を実際に見ており、そしてその技術に興味を持っています。ゆえに、おそらく国の中では仮想通貨ビジネスに対してもオープンなのかもしれません。

 

参考資料:cointelegraph、bitcoin

https://jp.cointelegraph.com/news/swiss-bank-becomes-first-in-country-to-offer-business-accounts-to-crypto-companies

https://news.bitcoin.com/switzerland-shows-the-way-bank-first-to-offer-crypto-business-accounts/

LINE@で情報配信中!

 

 

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」