ヘッジファンドのCEOダンモアヘッド氏「仮想通貨」は今が買い|過去BTC買いシグナルで29%の利益

仮想通貨(暗号通貨)ヘッジファンドPantera Capita(パンテラ・キャピタル)のCEO、Dan Morehead(ダンモアヘッド)氏が、CNBCに対して「今はBitcoin(ビットコイン)や他の仮想通貨(暗号通貨)を購入する良い時期だ」と話しました。

底値をうったかもしれない「購入に適切な時期」

ヘッジファンドパンテラ・キャピタルのCEOであるDan Morehead(ダンモアヘッド)氏は、「仮想通貨ビットコインは今年、底を打ったかもしれない」とし、そのために“今”が買う最適な時期だと述べています。

ビットコインは高値の時から65%下落しており、今は非常に安く買えるので、ラリーに参加する時だ。と述べ、更にはビットコインの価格は230日の移動平均をブレイクしており、1年間は保有する投資家にとって今は優れた取引機会だと指摘しました。長期間には安くなることはめったにないとし、1年後に売却した場合、平均で239%の売却益を得ることができると発言。加えてビットコインだけではなく、全ての仮想通貨が非常に安価だともいいます。特にビットコインについて言えば、過去6年間で約5倍という数字で証明されているとコメントを残しました。

「買うのはとても楽しい時」と話すMorehead(ダンモアヘッド)氏

Morehead(ダンモアヘッド)氏は、数週間前から「だから今、買うのが楽しい」とも述べていますが、彼は以前のブルームバーグとのインタビューで「仮想通貨市場の時価総額は40兆ドル」に達するだろうとも話していました。

実は、昨年の12月中旬にビットコインの価格が真新年に向けて50%以上下落する可能性を伝えていました。昨年の12月と言えば、日本円で200万円を超えていた最高騰期。その後急落し、2月に6,000ドルを下回った際に、彼が更なる予測を口にしています。

「ビットコインはすでに底を付きこれからピーク以上に価格が上昇する」とCNBCの番組内で話し、買いシグナルを主張していました。当時、彼のシグナルに従った投資家が、29%の利益を上げているといいます。

彼が2013年に設立したPantera Capital Managementは、米国初のビットコイン企業の1つです。同社は、約35のプレオークションICOと、XRP、ethereum、bitcoinを含む約25のブロックチェーン通貨を所有しています。

 

参考資料:bitcoinist、cryptocurrencymagazine、CNBC

http://bitcoinist.com/buy-bitcoin-now-says-pantera-capital-ceo/

http://cryptocurrencymagazine.com/buy-bitcoin-now-while-its-still-cheap-says-cryptocurrency-investor

http://cryptocurrencymagazine.com/40-trillion-cryptocurrency-market-cap-definitely-possible-pantera-capital-ceo

https://www.cnbc.com/2018/05/31/buy-bitcoin-now-while-its-still-cheap-says-cryptocurrency-investor.html

LINE@で情報配信中!

 

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」