米司法省捜査、仮想通貨は価格操作の不正の疑い|対象ビットコインとイーサリアム

米司法省は、仮想通貨の価格は、トレーダーによって相場操縦されているとう“疑惑”について捜査を行っていると報じられていました。対象は仮想通貨ビットコインとイーサリアム。しかし、本当に「価格操作」は行われているのでしょうか。

ビットコインとイーサリアムの相場操縦疑惑「捜査」

米連邦検事と米商品先物取引委員会(CFTC)が捜査を行っていると報じられました。連邦検事局とCFTCは、トレーダーが見せ玉や馴合売買といった不正行為によって価格を操作している可能性を調査するとう内容です。

調査対象の仮想通貨ビットコインとイーサリアム。また操作疑惑は「ウォッシュトレード」や「スプーフィング」のような、価格に影響を与える可能性のある違法な取引手口です。

スプーフィングは、”約定する意思はない”のに、見せ玉として注文し、望みの価格に進めば”そこで素早く”、見せ玉の注文をキャンセルするという手法です。                                                       ウォッシュトレードは、”自己売買”で、実際よりも多くの取引量がある市場と見せかけ、他の投資家らに需要が市場していると錯覚させて市場への参加を促す方法です。

何も、仮想通貨にこの手法が存在しているというものではありません。株式市場と先物市場の両方でも同様。何年もの間このような不正行為を断ち切ろうとしてきました。

本当に操作されているのか

専門家の意見を見れば、様々な見解にわかれているようです。不正調査のニュースが流れ、仮想通貨の価格も下落していました。市場のニュースに反応するのであれば、下落したことはある意味自然なこと。いえ、まさしく市場の動きは、操作されているからこそ起こっている状況だと話す専門家もいます。

ビットコインのボラタリティは値上がりにしろ値下がりにしろ、大規模な物にはならない可能性があることを人々は受け入れなければならない。しかし上述の専門家たちが指摘したように、ビットコインは比較的短期間においても未だにプラス成長が見られているのである。

引用元:cointelegraph             https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoins-falling-price-nothing-more-than-perception-or-is-there-manipulation

 

参考資料:cointelegraph、bitflyer、bloomberg、

https://jp.cointelegraph.com/news/bloomberg-us-doj-opens-criminal-investigation-into-btc-eth-price-manipulation

https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoins-falling-price-nothing-more-than-perception-or-is-there-manipulation

https://news.bitflyer.jp/column/20180511-0517/

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-05-24/bitcoin-manipulation-is-said-to-be-focus-of-u-s-criminal-probe?utm_content=crypto&utm_campaign=socialflow-organic&utm_source=twitter&utm_medium=social

 

LINE@で情報配信中!

 

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」