ノルウェー中央銀行が仮想通貨(CBDC)発行計画|現金を補足“ホワイトペーパー”公表

ノルウェー中央銀行がCBDCと名付けられたデジタル通貨を発行することに焦点を当てたホワイトペーパーを公表しました。記されている内容によれば、デジタル通貨は、貨幣と通貨制度への信頼を確かなものとするための「現金」を補足するものとして発行されるとのこと。

ノルウェー中央銀行「現金」を補足する目的の“デジタル通貨”を検討

中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)は、民間銀行の預金の入出金や一般的な日常取引などにも使われることを想定しています。

今やどの国も似たような現象と思われますが、ノルウェーでも、取引における現金の割合が減少しています。激減ともいえる数字は、全体の10%にも満たないという現状。                                               ノルウェーの経済における取引の多くは「現金、クレジット/デビットカード、Giro」の3つに分けることができます。聞きなれないGiroとは、ノルウェーの「銀行間取引システム」のことで、パソコンやモバイル端末からアクセスすることができます。           ノルウェーでの支払方法の割合で言えば、カードが70%、次いでGiroが20%となっており、現金離れが進んでいます。ノルウェーだけではなく、決済方法は柔軟な対応が望まれる時代になっており、今回の案であるCBDCの発行を検討している理由は、民間銀行への預金に代わる信頼できる代替手段の導入なのです。

独自仮想通貨発行計画の裏側

中央銀行のCBDCモデルには2つの研究しています。最初は、口座いるベースモデル「アカウントと取引が責任ある銀行の権限の下にある」アカウント -to- 口座取引。2つ目は、「デビットカードやスマートフォンアプリケーションに金額を保管し」銀行の干渉と口座から口座に振り替えるベースモデルです。                                                結局のところを言えば、中央銀行がデジタル通貨を発行しようとする目的は、現金という通貨供給量の管理。現金では正確な取引データが取れず正確な数字は明らかではありません。デジタル通貨が発行されれば、こうした管理に悩むことなくデーターで読み取ることが可能になるでしょう。

現金がなくなるとATMが必要なくなり、手数料で収益を上げる民間銀行は打撃を受けることとなる。さらに振込手数料や外国為替手数料なども大幅に減少することが予想される。

引用元:btcnews     https://btcnews.jp/8fk2f5og16341/

計画の構想はできあがっているのでしょうか。しかし、ノルウェー中央銀行は、CBDCの発行を決定するには時期尚早であるとしており、実行されるのかどうかはこれからになるようです。

 

参考資料:btcnews、cointelegraph

https://btcnews.jp/8fk2f5og16341/

https://jp.cointelegraph.com/news/norway-central-bank-considers-developing-digital-currency

 

LINE@で情報配信中!

 

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」