現在日本でビットコイン(Bitcoin)が高値で取引されるその理由とトレンドは?

ビットコインは日本の取引所でプレミアムのついた高値で取引されている。韓国を除く他の世界中の市場で比較的安定して取引されている一方、日本の市場ではその上を行く高値での取引が続いている。

日本政府がビットコインを法的に認める法案を4月1日に承認して以来、ビットコイン価格は上昇トレンドとなった。なぜならビットコインに関する消費税免除を許可する法案の承認も一緒に行われからだ。

デロイトトーマツジャパンによると、国会は3月の一連の税制改革法案で、7月1日よりビットコインの消費税を免除する法案を可決した様子だ。

デロイト社がに顧客向けに出しているタイトル”Japan: Inbond Tax Alert 2017年度税制改正大綱”の中には次のように書かれている。

「日本での仮想通貨の販売は法律上消費税が非課税扱いになるでしょう。今現在は、ビットコイン等の仮想通貨は、免税対象ではない。そのため、日本での仮想通貨の売買は課税の対象となっている。2016年5月改正の資金決済法制定に続き、決済時における仮想通貨使用、または仮想通貨の販売は、新しく制定される資金決済法に基づき消費税は課税対象外となる。2017年7月1日から、売買、購入を対象とした取引に対して上記の法律が適応される予定だ」

日本におけるビットコインの法的地位

1ヶ月以内にビットコインは日本で完璧に合法的な存在として認められ、それと同時に7月1日までに消費税を公式に免除の法案も‥投資家やトレーダーにそう伝えられていた。

このようなビットコインに対しての肯定的な見通し、日本政府の楽観的な規制あるいは調整アプローチだからこそ、日本国内のビットコイン業界や市場は爆発的な成長発展をつながっていったと思われる。

ビットコイン需要は、ある種のブランド的影響力を増している。例えばビックカメラでは店頭での決済方法の一つとして導入、一般顧客がビットコインを利用し電化製品を購入し始めている。

ビックカメラがビットコインを受け入れ支払い方法の一つの選択としたこと・・それは、これまでの他の報道や実感より巷にインパクトを与えた。ビックカメラは、日本の主要都市で最も活気があり地価の高い場所で展開している家電量販店の最大手だからだ。

ビックカメラがビットコインの導入を始めたと「仮想通貨の宣伝」が始まるや否や、日本の主要メディアはすぐさまこのニュースを取り上げ、各種機関に投資家に一般消費者にとアピールし始めたのである。

日本におけるビットコインの需要は増加を続けている

日本におけるビットコインの成長はそこにとどまらなかった。日本の大手金融機関やIT企業数社が仮想通貨取引所の立ち上げを発表、世界規模なビットコイン市場に対する楽観的な見解を表明している。日本国内の誰もが認めるような優良企業がビットコイン関連の展開を妥当だと判断したこと・・それはビットコイン投資家やトレーダーたちに大変な自信を与えた。

今のところ、日本のビットコイン取引市場は手数料なしで取引が行える取引所が存在するなど独自の展開をしている。例えばBitflyerなどのビットコイン取引所は、世界のビットコイン取引市場に対して日々の取引量のすごさを見せつけている。

日本のビットコイン需要がこの増大ペースを続けるなら、日本の市場は他の市場に対してその存在感を増し続けていくことだろう。

参考元:Cointelegraph