QUOINE「ICO Mission Control(ICO管制センター)」プラットフォーム立ち上げ|第一弾ICOはVuulr(ヴューラー)

仮想通貨取引所Quoinex(コインエクスチェンジ)や仮想通貨間取引所Qryptos(クリプトス)等を運営する、日本で登録業者であるQUOINE(コイン)は、ICOホスティングサービスのベータ版をローンチしたようだと報じられました。そして、ICOの第一弾はVuulrが案件になるかもしれません。

取引所制御ICOプラットフォーム立ち上げ

QUOINE(コイン)は4日、取引所制御ICOプラットフォーム立ち上げたようです。通常のICOとは異なりトークン発行者ではなく「取引所」が、
・本人確認、マネーロンダリングに関するチェックを行う。
・トークンセール終了後に「取引所」に上場させることで流動性も確保
ICOを行う個別に任せたスタイルではなく、取引所がICOを取り仕切ることになります。
最初から第三機関であるプラットフォーム側が確認する事項があれば、今までよりも不安な初歩的な要素は排除される可能性もあります。
また、トークンセール終了(ICO終了)後に、上場させるという点も、いわばプラットフォームで取り扱われるICOは“必ず上場する”とも言えます。
サービス名称は、「ICO Mission Control(ICO管制センター)」、仮想通貨間取引所Qryptos(クリプトス)内に設置

プラットフォーム上第一号のICO「Vuulr(ヴューラー)」

映像版権取引に特化したVuulr(ヴューラー)が、ICOプラットフォームの第一号。(「Vuulr(ヴューラー)」は、メディア系の大型ブロックチェーンプロジェクトで、元ディズニー幹部や広告大手オグルビーシンガポールの会長も顧問として参画。)
VUUトークンのクラウドセールは、5月9日~30日に行われ、その後仮想通貨間取引所Qryptos(クリプトス)に上場することになります。
同プロジェクトCEOのイアン・マキー氏は「(QUOINEの)プラットフォームには本人確認が済んだ50万人の登録ユーザーがおり、仮想通貨愛好家がすぐにVUUトークンを買えるようになる」としており、トークン発行体にもメリットが大きい。
引用元:QUOINEが「取引所制御ICO」プラットフォーム立ち上げ、Vuulrが第一号案件に|cointelegraph      https://jp.cointelegraph.com/news/quoine-launches-the-exchange-control-ico-platform-vuulr-enters-the-platform-of-the-first-issue

QuoinexとQryptosのプラットフォームの統合

QUOINEはQuoinexとQryptosの両方のプラットフォームを運営していますが、日本の金融庁に登録されている仮想通貨交換事業者はQuoinex。もうひとつの仮想通貨間取引所Qryptosは、シンガポール法人によって非日本居住者を対象に運営されています。

考えには、将来的には両者ともQUOINEが開発をすすめるLIQUIDプラットフォームに統合したいとしていますが、その場合の問題があります。仮想通貨間やICOトークンの売買に係る規制では、「Qryptosは日本居住者にはアクセス不可」となっている点です。

日本国内におけるICOへの問題点。また、取引の関する規制も含めて、今後どのように関わり方が変わっていくのでしょうか。露呈している課題だけではない部分にも新たな注目を集める前例になるのかもしれません。

参考資料:cointelegraph、quoinex、

https://jp.cointelegraph.com/news/quoine-launches-the-exchange-control-ico-platform-vuulr-enters-the-platform-of-the-first-issue

https://ja.quoinex.com/

https://jp.cointelegraph.com/news/vuulr-will-make-new-marketplaace-of-contents

LINE@で情報配信中!

 

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」