コインチェックCoincheckが障害の理由を説明

ビットコインなど12種の仮想通貨を扱う取引所コインチェック(Coincheck)で5月9日、Coincheck取引所サービスで障害が発生し、入出金・売買などの取引を一時停止する事態が発生した。そして同社から昨日11日、この障害の原因などの報告があった。

 障害は11時25分に発生、システム算出の購入・売却値が異常値となる事象が発生。この異常値による約定を巻き込んだため、同社が提示していた仮想通貨の価格が実勢レートとかけ離れてしまったことから、安定したサービスの提供が困難と判断、サービスに陥った。

今回の事象はハッキングなど外部の攻撃によるものではないため、ユーザーの個人情報や資産(金銭・仮想通貨)の流出はないとしている。再発防止策については改めてアナウンスするという。

なお、障害発生時の取引については、5月9日11時25分の状態に戻す対応を決定している。