英国ファイナンシャルジャーナリストがFacebookを訴訟|仮想通貨の詐欺広告に名誉毀損

イギリスの財界金融ジャーナリストのマーティン・ルイス氏が、仮想通貨の詐欺広告に関連した名誉毀損のソーシャルネットワークを非難し、Facebook(フェイスブック)に対して法的措置を開始します。

Facebook(フェイスブック)は名誉毀損のために訴えられる

去年SNSが金融商品を宣伝するために、マーティン・ルイス氏の名前と顔を不正に使用して「50以上」の仮想通貨関連の広告を公開したと主張しており、法的措置に踏み切るようです。

「私は広告をしません。と、Facebookに対し主張しました。広告には私の写真や名前を使うことを許可していません。私は、それを公開しないように頼んだり、公開する前に少なくとも正当性をチェックしたりしてください。それは、難しいことではありません。」と、ルイス氏は述べています。

また、ルイス氏は、「報告してもFacebookは広告の配信を制限していない」と主張しています。報告後、数日から数週間は多くの広告が残されていたこともコメントしていました。

こうした流れの結果、ルイス氏は「Facebookに対する名誉毀損訴訟のために高等裁判所の手続を提出」し、損害賠償を求めることになります。これはルイス氏の個人的な利益のために行われているわけではありません。 彼は、「詐欺防止慈善団体」に寄付することを誓うと語っています。

1月には、Facebookは仮想通貨の広告やICOを含む「誤解を招く、もしくは詐欺的宣伝活動」の広告の禁止を発表しました。こうした動きで、ソーシャルプラットフォーム上の存在から「詐欺師が利益を上げるのがより難しくなる」とFacebookから伝えられていますが、今回のことは“模範的な損害賠償”が求められているとも、報じているところがあります。幾つかのソーシャルメディアでも禁止となる状況ですが、今回の裁判の行方によっては、関係する各所で議論がなされるかもしれません。

 

 参考資料:bitcoin.com、cointelegraph

https://news.bitcoin.com/facebook-to-be-sued-for-defamation-related-to-scammy-bitcoin-ads/

https://cointelegraph.com/news/british-finance-expert-to-sue-facebook-for-scam-cryptocurrency-ads

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」