ライトコインのSegWit適用により盛り上がる市場

ライトコイン(Litecoin)がSegWitするという点で市場が大盛り上がりしていたことをみなさんはご存知でしたでしょうか?

本日はライトコインのSegwitの点についてお伝えしていきます。

 

 

1.ライトコイン(LTC)とは?

暗号通貨(仮想通貨)の1つで、俗に言う「アルトコイン(オルトコイン)」です。ビットコイン(bitcoin)と同じように、基本的にはオープンソースであるビットコインをベースに開発されています。

 

メリット :送金時間の短縮化

デメリット:セキュリティレベル低下

この2点につきます。

ビットコインよりをより使いやすく設計された、

一般の方向けに作られたのがライトコインともいえるのではないでしょうか。

当サイトによるライトコインの詳しい説明についてはこちら

 

2.Segwitとは?

 

SegWitとは「スケーラビリティ問題」に対するソリューション(解決策)です。

そもそもスケーラビリティ問題とは、身近の解決しなくてはならないものに「ビットコインのブロックチェーンのサイズ(容量)が小さいことで、取引の小ささゆえに遅延・停止が起きてしまうという問題です。

そこで、SegWitという解決策が生まれます。

どんな解決策かというと、「取引のデータを小さくする」ということです。それが「SegWit」です。

 

3.SegWitすることでどうなるの?

 

それでは、実際にSegWitするとどのようなことが起きるのでしょう?

実際に想定されていることは次の2点です。

・手数料の減少

・価格が上昇(SegWit成功が前提)
今回は、ライトコインのSegwitを背景に簡単にSegwitとライトコインについて簡単にご紹介していきました。

ぜひ、みなさんも一度取り扱ってみてください。