仮想通貨には「もたらしうるプラスの可能性」がある|国際通貨基金(IMF)ラガルド専務理事

国際通貨基金(IMF)の、クリスティン・ラガルド専務理事(マネージングディレクター)が、16日に仮想通貨の「プラスの可能性」を投稿したようです。これは、クリスティン・ラガルド専務理事がブログ記事でアップした、1月前の「仮想通貨のダークサイド」から一転しています。「仮想資産」がもたらしうる「利益」について目をむけた内容になっているのです。

IMFチーフ、クリプトクロスに向けて大規模なシフトを想定

国際通貨基金IMFのクリスティン・ラガルド(Christine Lagarde)理事長は、IMFの公式ウェブサイトで暗号の複数の利点を概説しているようだと流れてきました。クリスティン・ラガルド氏は「仮想資産について賢明な考察を行うことで、不当な糾弾た根拠のない期待の“両方”を防ぐことができる」と記しています。

以前のポスト内容には、仮想通貨のダークサイドについて書かれていようですが、今回は仮想通貨を使った不正行為への対応が必要だということを述べつつも、イノベーションを妨げることなく前進させるためには「公正な規制(アプローチ)」が大切だと強調しました。

クリスティン・ラガルド氏は、流通している多くの暗号通貨を認め、多くは生き残ることはできないようなことも述べています。IMFのチーフから「生き残る暗号通貨(資産)は、私たちの手形の救済、投資、支払いに大きな影響を及ぼす可能性がある」と語られています。そのため、政策を立案するものは、オープンな考え方を保ちつつリスクを最小限に抑えるプロセスが必要であるとしています。

暗号資産は、迅速かつ安価な金融取引を可能にし、現金の利便性の一部を提供します。

引用元:bitcoin.com                                       https://news.bitcoin.com/imf-chief-large-scale-shift-away-from-government-fiat-towards-crypto/

クリスティン・ラガルド氏が語った言葉には続きがあり、民間発行された暗号通貨が不安定なままである場合、中央銀行に暗号通貨形式の金銭を提供する要求がありうるかもしれないことを付け加えました。

 

 参考資料:bitcoin.com、cointelegraph
https://news.bitcoin.com/imf-chief-large-scale-shift-away-from-government-fiat-towards-crypto/

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」