リップルがイーサリアムを抜き市場規模で暗号通貨一時2位に 

期せずしてという感じではあったが・・リップルがイーサリアムの時価総額を2億ドル上回り85億ドルをマーク、世界で二番目に巨大規模な暗号通貨となった(5/11現在は第三位に落ち着いているが)。たった24時間の間に…リップルのは71.6%以上上昇、イーサリアムは6.85%を下落した。

リップルやNEM、Stellarなどの暗号通貨は、ここ24時間で短期的で無機的な高騰…つまり何かを反映しているとは言い難い価格上昇を見せており、順に71.6%、53.4%。94.81%と急騰している。

確かに…リップルは最近、新たな10の金融機関(以下*参照)と戦略的な提携関係を結ぶという大きな進歩を遂げた。しかしこれをこの短期上昇の根拠に限定してしまうには無理がある。(*・・MUFG、BBVA、SEB、Akbank、アクシクバンク、YES バンク、SBI Remit、ケンブリッジ・グローバル・ペイメント、スターワンクレジットユニオン、eZforex.com

日本のコンソーシアムの発表

この直近のパートナーシップあるいはリップルより新しく示された新提案は、11日前のことであるのだが、大手の取引所などは過去数週間でグローバル規模でリップルの売買を行った機関や企業は存在しない。それゆえきびしい見方をすれば…71%リップルの価格上昇はかなり無機的な動きだったと言える。

最近のリップル価格高騰を説明できるただひとつの要因は、国際送金や国内の決済を目的とした日本の銀行の共同プロジェクトとコンソーシアム(提携関係による連合体)の設立だ。

公式に発表された動画によると、ブロックチェーンベースの国際送金、銀行間決済用プロトコルによってネットワーク全体を強化していく、ということらしい。

「新たなニーズ…つまり国際間決済や国内支払いの柔軟かつ効率的な決済システムを可能にするため日本の銀行コンソーシアムを設立、様々な銀行が一丸となったのです」

日本の銀行との組合的な提携関係と、ヨーロッパの大手銀行…例えばBBVA(スペイン最大手銀行)のような金融機関が提携を結んだことで、リップルはグローバルな金融構造と金融業界の中、「ブロックチェーン連合」の強固なポジションを確立した。

これはイーサリアムとってどのような意味があるのか

イーサリアムは去年始め、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスを設立。リップルと近い提携関係を結び戦略的に進めてきている。

短期間で成長したリップルが長期的な安定を遂げられるかどうか…それはまだ確実とは言えないが、イーサリアムとリップルどちらも同じやり方で、国際規模の企業や大手銀行、金融機関に大々的なアピールを行っていることは確かだ。イーサリアムはJPモルガンなどにも注目されてきた。かたやリップルは数十億ドル規模の銀行や金融機関から関心と注目を引きまくっている。

参考元:Cointelegraph