インド中央銀行(RBI)は仮想通貨の提供を禁じる|独自のデジタルコイン発行検討か

インドの中央銀行(RBI)が、銀行を含むすべての規制対象企業に対し「仮想通貨ビットコイン等の暗号化通貨を扱う企業にサービスを提供しないように」と指示したと報じられていました。しかそ、“独自のデジタルコイン”を発行する意向があるとまで伝えられているのです。

インド中央銀行「仮想通貨取引禁止」

インドの中央銀行(RBI)は、仮想通貨に対しての禁止要項を発表したと報じられました。新規定では、RBIによって規制されている銀行を含むすべての規制対象企業や個人に対して仮想通貨などの暗号化通貨を扱うサービスを提供してはならないと指示。既にそのようなサービスを提供している規制当局は、指定された期間内に関係を離れることと個別にも発行しているといいます。

プレリリースによると、インドの中央銀行(RBI)は、市場の安全性、消費者の関心を守り、マネーロンダリングを遅らせるためだと強調している様子。しかし、その後に続く内容には、視線が止まるような表現が記されています。それが、インド中央銀行(RBI)は、世界で2番目に人口の多い国に国営のデジタルコインを発行する可能性についてアドバイスする公式の研究会の設立を発表したというもの。ブロックチェーンに関しては、「効率を上げ、金融システムの包括性の改善に効果的」であるという考えを示しています。

インドは昨年突然高額紙幣を廃止し、大混乱となり不況に陥りました。こうした背景からも仮想通貨へ流れる傾向も伝えられており、世界ですすめるところと同様にインド準備銀行も法定デジタル通貨を検討中なのでしょう。

 

参考資料:bitcoin.com、coindesk、

https://news.bitcoin.com/india-orders-banks-to-drop-cryptos-studies-issuing-its-own-digital-coin/

https://www.coindesk.com/indias-exchanges-want-challenge-central-banks-crypto-crackdown/

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」