ロシアICO規制“ルーブル”のみで行う|デジタル・トークンの発行ガイドライン

ロシアの通信・マスコミ省(MinComSvyaz)は、初期コイン・オファリング(ICO)として一般に知られているデジタル・トークンの発行に関するガイドラインを作成しています。今回のガイドラインは厳しいのか、ロシア自国の通貨である「ルーブル」が柱となります。

ロシアの厳格なルールICO

ロシアの現地のニュースソースによると 、公開されている議論の段階にある文書(ロシア語)を公開して、 ICOの規制を準備している様子。目的としてはトークンの販売を規制し、投資家の権利を保護することを目指していると記されています。また、デジタルトークンの定義を「暗号アルゴリズムを使用して作成された分散情報システムの記録」としています。

文書の注目すべきいくつか

・ICO主催者は5年間認定されます。
・認定は、自発的でMinComSvyazによって管理されることが提案されています。
・ロシア連邦に登録しなければなりません。
・登録資本金は少なくとも1億ルーブルでなければなりません。
・暗号化を開発、生産、配布するためのライセンスが必要です。、
・ICOから調達した資金を送金するロシアの銀行口座を持っていなければなりません。
・デジタルトークンの発行は、ルーブルのみで行う必要があります(キャッシュレス決済)。

さらに、ICOの主催者は、トークンの売却から調達した資金を使用して、名目価格で投資家からの買い戻しを支援する必要があります。企業はICOによって調達した資金を使って、トークンを買う能力を保証するプロジェクトのみに資金を提供することができます。言い換えれば、彼らが受け取ったお金は、売却中に約束どおりに投資されるべきであり、義務の遵守は、省庁が契約した企業によって監視されると報じられていました。

しかし、厳しい内容だとは思われるものの、ICOに関連するいくつかの重要な側面をカバーしていないとして仮想通貨分野では批判されているようです。この文書では、投資家にディスカウント・レートでトークンを購入する機会を与えるプレセールについて何も言及していません。また、特定の期間コインの再販を禁止する、いわゆる「ロックアップ」オプションについても記述されていません。その為、投資家は今回の規制により実際にロシアでICOを開催することは困難になると考えていると指摘が入っています。

 

参考資料:bitcoinist.com、bitcoin.com

http://bitcoinist.com/russia-unveils-ico-regulations-ruble/

https://news.bitcoin.com/strict-rules-for-icos-prepared-in-russia/

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」