クレジットカードのアメックス子会社「ブロックチェーンによる決済システム」特許申請

クレジットカードの大手、アメリカン・エキスプレス(アメックス)の旅行部門の子会社であるアメリカン・エクスプレス・トラベル・リレイテッド・サービシーズ・カンパニーが、ブロックチェーン技術を使った個人間(P2P)決済システムの“特許”を申請していることが明らかになりました。

 

「ブロックチェーン技術による決済システム」の特許申請

15日に米国特許商標庁(USPTO)が発表した特許申請書によると、要求した決済リクエストがブロックチェーン上のシステムに送られ、システム上で承認が行われます。この2つの当事者間の取引が自動で執行されるというもの。取引を容易にするための技術を使用していることが説明されているようです。

ブロックチェーン上で直接的に決済を遂行することで、「第三者の銀行機関」を介することなく、取引スピードが高速化できます。

「P2P(ピアツーピア)決済に基づく決済ネットワークは、今までの伝統的なカード決済ネットワークの機能を促進しサービスや機能を実現するでしょう」

アメックス全体で、ブロックチェーン・アプリケーションに関心を示していることは“初めて”のことではありません。例えば親会社のアメックスは、昨年11月より米リップル社との提携によってブロックチェーンを使った国際送金の決済システムを導入しています。セキュリティーを維持しながら、決済の速度とコストの低減を実現した。ブロックチェーン技術の活用に積極的な姿勢を見せています。

グローバル・ペイメント・ジャイアント・アメリカン・エキスプレスは、「取引のスピードを上げる」ためにブロックチェーンの使用をしているのでしょう。時代は変わり、中間に立つ第三的な役割は益々不要となりブロックチェーンの技術は世の中に浸透していく様子を見せているようです。

 

参考資料:.coindesk、.fisco

https://www.coindesk.com/american-express-patent-filing-touts-blockchain-for-fast-payments/

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」