マイクロソフトがBTCだけではなくBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)も支払オプションに追加

マイクロソフトは早々に仮想通貨ビットコインでの支払いを2014年に導入していました。今回、決済で追加となった仮想通貨はビットコインキャッシュ。受付は開始されていると報じられています。

 

マイクロソフトがBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)を追加

マイクロソフトでは、Bitcoin(ビットコイン)とBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の両方をサポートし、支払受付を開始したと報じられました。今回のことは、ビットコインと同じトランザクション処理をしているBitPayが、人気の高いアルトコインであるビットコインキャッシュをサポートを追加しため同様に利用し実現したとも伝えられていました。

また、昨年の終わりごろから時々見かけるように、ゆっくりではありますが、ビットコインキャッシュの受付店舗が徐々に増えてきています。

 

ビットコインキャッシュ支払受付「普及に大きな影響」

ビットコインの決済相手としての競争が増えるのは常に良いことです。なぜならば、世界をリードする暗号通貨は、現時点では決して完璧ではありません。昨年の高騰によるトランザクションの詰まりは幾分解消されたとはいえ、今日でさえ若干高価であり、時には送金も遅い状況が見られます。こうした意味では、競争相手が増えることで、所有者の価値の保護やスムーズな決済へと繋がることが考えられるからです。現在決済といえば、ビットコインがメインとしてあげられるところですが、

マイクロでのビットコインキャッシュ支払い受付は今後の普及に大きな影響を与える可能性がある。

引用元:cymagazine                http://cryptocurrencymagazine.com/microsoft-bitcoin-cash

 

現段階のところ、ビットコインキャッシュの人気がどのくらいなのかを見積もることは難しいとも言います。しかしBitPayがビットコインキャッシュのサポートを追加して以来、多くの新しい道が開かれているようです。ただし今の段階では、両方の支払いを有効にすることは、まだまだ個々の企業や団体の判断に任されている状況ともいえますね。

 

参考資料、cointelegraph、bitcoinnews

http://cryptocurrencymagazine.com/microsoft-bitcoin-cash

http://www.livebitcoinnews.com/microsoft-now-accepts-zero-confirmation-bitcoin-cash-payments/

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」