MONAcoin【モナーコイン】

モナーコイン(モナコイン)は日本の巨大掲示板”2ちゃんねる”より生まれ、2013年12月23日に公開された日本初の暗号通貨(仮想通貨)です。2014年1月1日より現ブロックチェーンに移行しました。

モナーとは日本で愛されているアスキーアートのキャラクターです。

クライアントプログラムはオープンソースを用い、モナーコインプロジェクトにより作成・公開されています。

モナーコインプロジェクト

現在、モナーコインプロジェクトではコインの発行・運営はしておらず、ライトコインLitecoinをベースにした仮想通貨なのでベースはビットコインとも同じProof of Work方式(PoW)で、マイニング可能な仮想通貨です。ウォレット(財布)と呼ばれるクライアントプログラムを実行し、Monacoinネットワークに参加する形で流通します。P2P通信なので管理者は存在せず、分散型管理に属します。

モナーコインはニコニコ動画やpixivといったサービス活動で活動しているクリエイターが、自分のプロフィールにモナーコインのウォレットアドレスを掲載しておき、作品を見た人達がそのアドレスにモナーコインを送金するというような、クリエイターに対しての投げ銭として使われる事があり、この投げ銭をもじって投げMONAと呼ばれたりする事もあります。

その他にも人寄せや宣伝として配布したり、誰かに作業報酬としてmonaで支払いをするなどという利用がされています。

また、MONA!JAPANというYahoo!JAPANにそっくりなWebサイトが登場しました。そこでは多く投げ銭をした人がランキング形式で紹介されていたり、ウォレットやマイニングについても掲載されています。

MONA!JAPAN

ブロックアルゴリズムはLyra2REv2で、1ブロックにつき50 MONA(+送金手数料)のBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられ、ブロックが生成される時間は平均90秒です。

また、4月にはモナーコイン(Monacoin)が、世界に先駆けてSegregated Witness(SegWit)の採用と有効化に至りました。これを受け、今まで激しい値動きがなかったモナーコインですが、取引量が増え価値も上昇しました。