韓国大手企業「カカオ」が年内に仮想通貨送受信と独自仮想通貨計画

KakaoTalk(カカオトーク)、KakaoPay(カカオペイ)、KakaoStory(カカオストーリ)、KakaoTaxi(カカオタクシー)を運営する2大インターネット会社の1つであるKakao(カカオ)は、2018年内に仮想通貨をインテグレートすると発表しました。巨大な市場をもつカカオ企業が独自仮想通貨を開始すると、その威力は計り知れないことになるのかもしれません。

 

カカオペイは独自仮想通貨の発行を計画中

多くのユーザー登録者数を誇るKakao(カカオ)ペイは、アプリ内に仮想通貨の送受信を可能にする機能を結合するとしている。また、年内にBinanceの、Binance Coinのモデルに似た、「独自仮想通貨」の発行を予定しているようです。

KakaoPay(カカオペイ)が、仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)のような仮想通貨も利用可能になった場合、他のすべてのKakaoアプリでも仮想通貨利用が可能になるでしょう。

カカオペイのユーザー登録者数は「2,000万人」を超えており、この数字からも韓国経済に活動的な人口の“72%”を占めていると言われています。この登録者数は、銀行が提供するインターネットバンキングサービスの加入者数に匹敵するほどだとしています。さらには、カカオトークのユーザー数も、およそ「4800万人」という数字で、国民のスマホの95%にインストールされている巨大な市場となっています。利用していない人がいないと言っても過言ではないこの状況で、独自仮想通貨が発行されれば、法定通貨の非ではないとも考えられます。

カカオの信頼性

昨年、Kakaoの子会社であるDunamooは、110の仮想通貨(暗号通貨)を扱う取引所UPbitをローンチしましたが、UPbitは数か月で、市場でトップ5の仮想通貨交換所のひとつになりました。数か月での実績は、国内の投資家も関心をもったと伝えられています。

CCNが報じていましたが、韓国最大のホテル予約プラットフォームであるYeogi Eottaeは、国内最大の仮想通貨取引所Bithumbと提携をしています。Bithumbは、韓国の多くのレストランやカフェ他供給し始めており、仮想通貨の利用できる環境を増やしています。日常的にも仮想通貨を使える方法を提供しているといえるのです。

 

参考資料、cymagazine、CCN

http://cryptocurrencymagazine.com/south-koreas-kakao-integrate-cryptocurrency

https://www.ccn.com/south-koreas-kakao-integrate-cryptocurrency-12000-merchants-millions-users/

 

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」