決済サービス大手PayPal(ペイパル) が特許申請|仮想通貨決済高速システムで普及

決済サービス米大手PayPal(ペイパル)は、仮想通貨決済(暗号通貨決済)にかかる時間を短縮するために設計されたシステムの特許を出願しました。キャッシュレス化が当たり前になってきた社会で、様々な決済が利用されていますが、仮想通貨の決済スピードが速まれば、改めて再導入にも期待できるかもしれません。

3月1日に米国特許商標庁(USPTO)に提出​​された文書によれば、決済承認に時間がかかるために、“仮想通貨”の普及が遅れていることを指摘しています。今の仮想通貨決済のシステムでは、トランザクションがネットワークによって確認されるまで、どんなに少なくとも、その時間を待たなければなりません。最低スムーズにいったとしても、ビットコインブロックは約10分ごとに採掘されており、昨年のような急な取引が増えれば滞りをおこしてしまいます。また、ネットワークが混雑した場合、ユーザは高い手数料とプラス確認時間もかかる状況でした。結果的に、仮想通貨ではなく今までの支払方法を使用して取引を行うことを選択し、仮想通貨そのものの利点が活用されず採用を遅らせてしまう結果に至っています。

特許提出内容では、「迅速化された仮想通貨取引システム」とし、独自の秘密鍵とサブウォレットを使い、消費者と加盟店(業者)間で支払いが行われるまでの決済所要時間を短縮することができます。それはネットワーク上の次のブロックに含まれるのを待つ時間を避けることで可能とします。これを実行するために、これを行うために、PayPalはバイヤーと売り手のための支払額と同額の仮想通貨に紐づいた“独自の秘密鍵”(セカンダリウォレット)を作成する方法を提案しました。

「本開示のシステムおよび方法は、受取人が受取人に仮想通貨ウォレットに含まれる秘密鍵を移転することによって仮想通貨取引で仮想通貨支払いを受けることを確実にするために受取人が待たなければならない時間の量を実質的に排除する仮想通貨取引で特定された支払額と等しい仮想通貨の所定量に関連付けられている。

引用元:PayPal Is Seeking Faster Crypto Payments Tech|coindesk       https://www.coindesk.com/paypal-eyes-instant-crypto-payments-tech/

ペイパルのジョン・レイニーCFOは今年2月末、仮想通貨ビットコインが支払い決済方法として日々仕様される可能性の見通しを示しているようです。

仮想通貨の特徴と言われた送金時間の速さと手数料の安さが消え、決済方法として離れたユーザーが戻ってくる可能性があれば利用価値の見直しがなされるかもしれませんね。

参考資料:coindesk、CCN、cointelegraph

https://www.coindesk.com/paypal-eyes-instant-crypto-payments-tech/

https://www.ccn.com/paypal-files-patent-improve-cryptocurrency-transaction-times/

https://jp.cointelegraph.com/news/paypal-files-patent-for-system-to-speed-up-cryptocurrency-transaction-times

 

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」