【まとめと解説】仮想通貨流出事件、仮想通貨が流出ってどういうこと?

2018年に入ってから、仮想通貨に関する事件が絶えません。特にCoincheckの事件は国内外・業界問わず非常に大きなニュースとなり多くの人々が関心を寄せました。

一般にも「仮想通貨」ないしは「Bitcoin(ビットコイン)」を理解してきた、なんとなく知っている・・・というような人も徐々に増えてきたのではないでしょうか。

しかし、少し疑問に思うのが、

「仮想通貨の流出」って一体どういうこと?

という方も多いのではないでしょうか。本日は最近起きた仮想通貨流出事件を簡単におさらいしながら「流出した」というのはどのようなことなのか、簡単にお伝えしていきます。

 

最近の流出事件のニュースまとめ

冒頭でも述べた通り、ここ最近の「仮想通貨」に関する事件は非常に増えています。まずはここ最近で起きた直近のニュースをさらっと復習してみましょう。

1.Coincheck事件

夜遅くに行われた記者会見を見ていた方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨取引所 「コインチェック」が1月26日の午後から、日本円を含む取り扱い通貨全ての出金を一時中止するなど、大きな騒動となっている。

【1/26 25時30分 更新】同取引所を提供するコインチェックは、26日の23時30分から都内で記者会見を実施。不正アクセスにより、日本円で約580億円に相当する5億2300万NEMが流出したことを明らかにした

引用:コインチェックが580億円のNEM不正流出について説明、補償や取引再開のめどは立たず

もうすでに多くの方が目にしたであろうニュースですが、お笑い芸人の出川哲郎さんが出演するCMを放送していたことで話題沸騰となっていたCoincheckですが、1月26日の午後より日本円・ビットコインをはじめとするすべての取扱通貨の出金を一時停止していました。

その原因は仮想通貨の一種であるNEMが580億円分も流出していたことが理由です。

2.福島でリップル流出事件

つい最近もまた事件が起きています。仮想通貨NEMの次はSBI関連のニュースでよく耳にする「リップル」です。

福島県警は20日、県内の50代女性が、所有する仮想通貨「リップル(XRP)」約2500万円分を不正送金される被害に遭ったと発表した。

口座に不正ログインされた可能性が高いとみて、不正アクセス禁止法違反容疑を視野に捜査している。

引用:仮想通貨の流出被害=福島の女性、2500万円分-県警

このニュースを読む限りでは被害者の女性が「ウォレット」に管理していたのか、「取引所」へリップルをおいていたのかは不明ですが、警察は不正ログインの可能性のもと、捜査を開始するもようです。

※ウォレットと取引所(販売所)は一体何が違うの?という方は次の記事を参考にしてみてください。

bitcoin取引所とは?ウォレットと何が違うの?【簡単に違いをチェック!】

2017.05.03

 

3.イタリアで211億円分のNano流出事件

巨額流出は日本だけではありませんでした。つい1週間ほど前にも巨額の流出事件がなんとイタリアの取引所でも起きてしまいました。

日本の仮想通貨取引所コインチェックから580億円相当の仮想通貨NEMが盗み出されてまだ1か月も経過していませんが、こんどはイタリアの仮想通貨取引所BitGrailから、アルトコインの一種Nano(XRB)が盗まれる被害が発生しました。被害額はNano 1700万XRBで、直前の価格1250円/XRBで換算すると約211億円が流出したことになります。

引用:約211億円分の仮想通貨Nanoが流出。被害の取引所CEOは早々に「全額補償は不可能」とツイート

仮想通貨の211億円分も流出し、ヨーロッパを騒がせているようです。

 

そもそもビットコイン(仮想通貨)を管理するとは?

流出したというニュースを聞いても、いまいち「なぜ流出になるのか」がわからない方も多いはず。そこで、これらの事件のような被害者にならないよう、「ビットコインを管理する」って一体どういう方法があるのか、簡単にご紹介します。

 

①販売所(取引所)で保管する

一般的にBitflyerやなどの「販売所(取引所)」で保管するという方法です。みなさんが銀行に現金を預けるのと同じように、仮想通貨を取り扱っている業者に預けておくことができます。

ただし、この方法についてはあまりオススメしません。コインチェックのように取引所に不正アクセスがあった場合、自分の大切な資産を自分で守ることができない可能性が高いからです。

※:コインチェックの事件も恐ろしいニュースですが、Zaifでもここ最近大問題が発生しておりました。詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が約2,200兆円分のビットコインを0円で販売

2018.02.19

なお、現在はすでに対応中との発表もありました。

仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)ビットコイン0円購入“7人中6人”対応済

2018.02.21

 

②ホットウォレットで保管する

アプリストアなどからアプリをインストールして自分のウォレット(お財布)としてすぐに利用できるものです。ウォレットを新たに作成した場合は「秘密鍵」と呼ばれるウォレットを開く為の鍵の保管が重要になります。

それ以外にも「二重認証」を設定することで外部からの攻撃を防ぐ可能性を高めることができます。また、ウォレットにはマルチシグ対応のウォレットもありますが、今回は詳細の説明をざっくりと下記に記載します。


マルチシグ対応ウォレットとは?

マルチシグウォレットは一旦おいておいて、金庫をイメージしてみてください。金庫の扉を開けるためのカギが1つではなく複数あるとしたら金庫の安全性は高まります。

同じようにビットコインもウォレットで管理する際に「秘密鍵」と言われるカギが必要です。このカギを複数にしてくれるのがマルチシグウォレットです。


 

手軽かつ有名なものの中には「Blockchain.info」や「Bread」というウォレットサービスがあります。まだ知らないという方は一度調べてみてください。

 

③コールドウォレット

これがもっとも安全かつセキュリティも高性能なものとして知られています。

ホットウォレットが「電源コードにつないだ状態の据え置き型のパソコン」だとしたら、コールドウォレットは「電源コードにつないでいない状態の据え置き型パソコン」とイメージしてみてください。

インターネットに接続されたウォレットは、常に悪意のある第三者の攻撃の機会に晒されてしまいますが、コールドウォレットはそうした危険から逃れられるものです。

一般的に有名なのは「レジャーナノエス」というウォレットが有名ですが、最近はカード型のものとして人気をよんでいる「クールウォレット」というものもあります。

出典:coolwallet.jp より

まだ触れてみたことがない人は、ぜひ一つ使ってみてはいかがでしょうか。

シンプルに「仮想通貨の流出」を解説!

それでは、だいぶ前置きが長くなりましたが、具体的に「仮想通貨の流出」とは一体どのようなことなのでしょうか。

スパッと簡単に言ってしまうのであれば、

「ビットコイン(仮想通貨)が山田さんのウォレットから犯人のウォレットへ移動した」

ということです。「それって何が問題なのか」ということであれば、次の3つステップで理解してみてください。


  1. ビットコインを管理するには「秘密鍵」といわれる大事な暗証番号が必要(重要)
  2. 山田さんのお財布(ウォレット)情報と秘密鍵(暗証番号)が犯人に盗まれた。
  3. 犯人は山田さんのお財布からオカネ(ビットコイン)を引き出した

 

少し乱暴な説明ですが、このような流れが今回の流出のイメージです。

問題なのは山田さんが、意図しない中で犯人によってオカネが勝手に引き出されてしまいました。そして、そのオカネはインターネット上で取引されていることから、犯人が誰なのかは簡単に特定することはできません。

また、「ビットコイン(仮想通貨)」を支える技術は「Blockchain(ブロックチェーン)」と呼ばれる「取引履歴が改ざんできない技術」の性質によって支えられているため、一度ウォレットから出金されたビットコインは犯人が再び山田さんに送ってくれなければ手元に戻ってくることはありません。

自分が意図しない中で、電子上のオカネ、ビットコインが不正に引き出されたことから、これらの事件を「流出」と表現しています。

仮想通貨を扱う上で、非常に難しいことは「管理が難しい」という点です。PCやスマホを使い慣れていない人、ビットコインが一体なんなのかまだしっくりわからない、というような方であればその扱いには非常にストレスがかかってしまうことは否めません。

これらの事件に関する用語をサクッとまとめてみます。


  • ウォレット・・・仮想通貨を管理するための電子上のお財布
  • 秘密鍵・・・ウォレットにアクセスするための銀行口座で言う所の「暗証番号」
  • 販売所・・・仮想通貨を買取・販売してくれるオンライン上のサービス。
  • ブロックチェーン・・・ビットコインの取引を記録し、改ざんできない性質を備えている。

 

さて、いかがでしたでしょうか。まだまだ理解するのが難しいかもしれませんがザックリとイメージをつけることができたのではないでしょうか。ぜひ、これをきっかけにウォレットの種類や取引所についての理解を深めていってみてくださいね。

 

LINE@で情報配信中!