確定申告「仮想通貨」の利益計算方法|対象になる仮想通貨の所得計算

確定申告が始まった「仮想通貨」の利益計算方法|対象になる仮想通貨の所得計算

2017年度の確定申告がはじまりました。最終3月15日までとなりますが、現在「仮想通貨」での利益をどう計算するのかも困惑している方もいます。では簡単に仮想通貨の利益計算方法を例題でご紹介いたします。

仮想通貨の所得計算

仮想通貨の取引で「税金」が発生するタイミング

①「仮想通貨の売却」(円などの法定通貨にする)

たとえば、3月1日に300万円で5ビットコインを購入。その後3月30日に0.2ビットコインを13万円で売却しました。この場合、売却価格と取得価格の差が所得金額になります。所得金額計算は、300万円÷5ビットコイン=1ビットコイン60万円×0.2ビットコイン=12万円

つまり購入のときが0.2ビットコインが12万円で、3月30日に売却した価格は13万円なので、差額1万円が所得金額になります。

購入 売却
3/1 5BTC

300万円

 3/30 0.2BTC

13万円

 300÷5BTC=1BTC60万円

1BTC×0.2BTC=12万円売却時価格−購入時価格=1万円

利益  1万円

 

②仮想通貨で商品購入

仮想通貨で商品を購入した場合はどうなるのでしょうか。たとえば、3月1日に300万円で5ビットコインを購入し、3月30日に19万円の商品を購入するために、0.3ビットコインを使って支払った場合。取得した商品の価格と、仮想通貨の取得価格の「差」が所得金額です。300万円÷5ビットコイン=60万円×0.3ビットコイン=18万円、19万円ー18万円で所得金額は1万円で、これが所得税になります。

購入 売却
3/1 5BTC

300万円

 3/30 0.3BTC

19万円

 300÷5BTC=1BTC60万円

1BTC×0.3BTC=18万円

売却時価格−購入時価格=1万円

利益  1万円

 

③仮想通貨で他の仮想通貨を交換

たとえば、3月1日に300万円で5ビットコインを購入。3月30日に1リップルと交換するのに、1ビットコインを使用しました。その時に、1リップルの価格は70万円とした場合。計算式は、300万円÷5ビットコイン=60万円、購入価格70万円から取得60万円を差し引きすると、所得金額は10万円で所得税がかかることになるわけです。

購入 売却
3/1 5BTC

300万円

 3/30 1XRP

70万円

1BTC

60万円

 300÷5BTC=1BTC60万円

1XRP=70万円

売却時価格−購入時価格=10万円

利益  10万円

 

④マイニングによる所得

事業所得か雑所得の対象となります。

仮想通貨のマイニングで得た場合は、事業所得か雑所得の対象になる。この場合の所得金額は、収入金額(マイニング等によって取得した仮想通貨の取得時点での時価)から、必要経費(マイニングなどにかかった費用)を差し引いた金額になる。また、マイニングで得た仮想通貨を売却または使用した時の取得金額は、マイニングで得た時点での価格で計算する。

引用:経済】確定申告スタート! 「仮想通貨税務セミナー」の取材に潜入レポート  https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201802190058

無申告のペナルティもあり、課税されたときの税金が高額です。そして仮想通貨をチェックしているとされている国税のチーム。

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」