仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が約2,200兆円分のビットコインを0円で販売

仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)でエラー| 約2,200兆円分Bitcoinを0円で販売“ツイッター”大荒れ

とんでもないことになっています。コインチェックの流出事件を上回るのではないかという声もでているのが、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の重大エラー。金額は錯綜していますが、10憶枚とも言われる枚数のビットコインを0円で販売したというのです。Zaifからは質問への回答はなく、しかもある人はブロックされているとまで伝えられており、ツィッターは大荒れなのです。

「0円で購入できて羨ましい」そんな問題ではないのです。市場が大暴落する危機かもしれません。ZaifはCMでうつつをぬかしている場合ではなかったようです。

 

取引所ザイフ(Zaif)で約2200兆円分のビットコインが0円で販売

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)は、ICOのプラットフォームのCOMSAや、ブロックチェーンのmijinでも有名な、テックビューロが運営している取引所。取引所としては古株でユーザー数も多く、最近では剛力彩芽さんCMでも話題をよんでいました。

そのZaif(ザイフ)で取り返しがつかない事態に発展しています。重大なエラーのため、一時的とはいえ、仮想通貨ビットコインを「0円」で販売してしまったのです。その金額は、各場所で差があり錯綜しているのか確定ではないとしても、少なくみても10億BTC(日本円で約2200兆円分)のビットコインが0円で販売されたことになります。

「0円で購入できた人はいいね」そう言ってしまいそうですが、それは疑惑と大きな大暴落をかかえることにもなりかねません。

発行枚数の上限超えてる!仮想通貨取引所Zaifのノミ行為疑惑

その購入された数を思い出してください。ビットコインの総発行枚数は有限2100万枚です、しかし現時点で市場に出回っているビットコイン数以上の「ビットコイン」が0円で購入されてしまったということになるのです。

つまり、仮想通貨ビットコインは「発行枚数に上限があります」が、今回の重大エラーでその上限よりもビットコインを購入することができてしまったということになります。この事態に気がついた人たちは、「Zaif(ザイフ)が、ノミ行為をしているのではないか」と、疑いがおきているのです。

もう少し掘り下げれば、Zaif(ザイフ)が存在しえない仮想通貨ビットコインを販売していたという疑惑が起こるのです。コインチェックのNEM流出事件でも2か月間はNEMはないまま顧客からの資金を預かっていたと言われています。どの取引所も同じなのか、と完全に信頼をなくしかねません。

ユーザーがZaifを離れる様子がTwitterでわかります。しっかりした運営をしてほしい、危険な噂があるのは本当だ、Zaifはもう経営できない、様々な言動が広がっておりで大炎上をしています。

 

仮想通貨ビットコインの市場大暴落危機

仮想通貨ビットコインが市場に出回っている以上の数をもつ人が、このビットコインを売りとして市場に出した場合、どうなるのでしょうか。

大暴落の道しかありません。

ようやくビットコインが100万円を超え安堵の声もあがっていたところ、仮想通貨市場そのものへの信頼を失うことにもなります。

仮想通貨が悪いのでありません。しかし、日本の取引所では重なる失態が続いており、市場に影響をあたえています。責任とは何かを今一度しっかり考え、気持ちを改めてほしいこと。先に説明責任であるという点で報告もおこなってほしいものです。

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」