マレーシア中央銀行「仮想通貨(暗号通貨)の運命」は政府ではなく国民の意見に委ねる

マレーシア中央銀行「仮想通貨(暗号通貨)の運命」は政府ではなく国民の意見に委ねる

マレーシアの中央銀行Bank Negaraは、「コンセプトペーパー」を発行する予定を伝えています。この「コンセプトペーパー」とは、マレーシアの国民が「国の仮想通貨(暗号通貨)規制」の運命を決めるよう求めるといいます。

 

マレーシアは「公的」に決定する

「基本的に、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨(暗号通貨)をより透明性の高いものとし、その背景にいるプロモータに関してももっと透明性を高める。また、そのシーンもより透明になります。そうすることで、国民は仮想通貨(暗号通貨)に投資したいのかどうかを決めることができる。」と、マレーシアのハーバードビジネススクール卒業生クラブの40周年記念夕食会で、Muhammad Ibrahim(ムハンマド・イブラヒム)氏が述べました。

マレーシアのニュースとして、仮想通貨を規制する&しないなど、二転三転の様子が流れてきていますが、実際のところは事実はわかりません。しかし、銀行は仮想通貨(暗号通貨)を“禁じる”ことも”認可する”こともまだ、言及していないのです。

 

 

また財務大臣のJohari Abdul Ghani氏は、仮想通貨(暗号通貨)を完全に禁止しないとも伝えています。近年のマレーシアは、経済成長率が著しく、韓国より速く成長し、フランスやオーストラリアを上回っています。経済成長が続くマレーシアでは、禁止することで金融の革新を封じてしまう可能性があるからでしょう。

今回の発言は、少なくとも「政府」が仮想通貨(暗号通貨)に対して世論に発言したのは2回目です。中央銀行は、市民と企業のための仮想通貨(暗号通貨)規制ガイドラインを昨年12月に設けています。

 

LINE@で情報配信中!

 

スマホでご覧の方は▼こちらを直接クリックしてください。

LINE@で情報配信中「Bibit Post」