ビットコイン、9000ドルを突破 ウオール街の関心要因か

Bitcoinは26日、ヘッジファンドからの大規模採用、間も無く先物市場に上場する、さらにコインユーザー数の増加などの好材料を受け、9,000ドルを突破し、皮肉なことに、BitcoinMarketsのサブレディット上では、大半の見方は、祝日(サンクスギビングデー)の週末で米国の銀行が営業していないことなどから、価格が下落する、とされていた。

しかし、直近1週間、ビットコインは強さをみせ、下値は8,000ドル台、との見方を固めた結果となった。2度ほど$ 7,800台に落ちたタイミングがあったもののの、そこにはすかさず買いが入っている。

この週末、人々はブラック・フライデーを利用してテレビや家電を購入しただけでなくBitcoinも購入していたらしい。市場は昨日より上昇トレンドとなり、取引高も増え、今日は心理的に大きなハードルとなる9,000ドルの壁を打ち破った。

多くのメジャーな金融専門家はBitcoinをバブルと見ているので、市場はいわゆる「トップ・オフ」の兆候を見せていないと考えています。バブルサイクルはしばしば価格の急激な上昇後、しばらくしてから売りに転ずるからだ。バブルサイクルは値段ごとに打ち付けられた杭ごとに出る売りがえんえんと続くものだ。

次の心理的な大きなハードルとなるのは、おそらく10,000ドルの壁だろう。しかし、BitcoinとBitcoin Cashを合わせた価格が既に10,000ドルを超えている、ということを考慮すると、この壁越えはそんなに難しいことではなさそうだ。

さらに説明しておくと、8月1日より前にBitcoinを所有し、Bitcoin Cashを売却していない人は、すでにこの次の目標の10000ドルの恩恵を受けているといえる。

投資リサーチ会社代表のTom Lee氏など来年上半期の予想を大幅に上方修正へ

Fundstratの創業者であり、普段は相場に対して弱気なTom Lee氏のようなアナリストも強気になっている。ストラテジストであるLee氏は最近、ビットコインは来年の6月には$11500ドルが目標値だ、修正している。

「ビットコインの年」と言ってもよい今年はもう終わろうとしているが、例えば Ronnie Moas氏のような相場に影響力ある人物がこの11月にもうすでに2度も来年の予測値の上方修正をしている。
Moas氏は8月1日のフォークに先立って、 2017年7月に数ヶ月で5,000ドルになると大胆に宣言。当時の価格は3,000ドルを下回っていたが、常に「自分の立てた予測に遅れを取らないように」努めてきた。

2017年8月のBitcoin価格の急激な上昇により、 Moas氏は2018年初めの予測を7,500ドルに修正。しかし今月、(8,000ドルをわずかに下回った時点であった)予測を11,000ドルに引き上げた。そして再度$ 14,000に修正している。
ロシア・トゥデイのカイザー・レポートのホストであるマッックス・カイザー氏は、Bitcoinは最終的に10万ドルに達すると予測している。

参考元:Cointelegraph

https://cointelegraph.com/news/bitcoin-crushes-9000-on-growing-signs-of-mainstream-adoption-wall-street-interest-

https://cointelegraph.com/news/predictions-roll-in-as-tom-lee-sets-40-bitcoin-growth-by-mid-2018

https://cointelegraph.com/news/ronnie-moas-sets-new-sights-for-2018-14000-on-the-cards

LINE@で情報配信中!