John McAfeeがサポートするICO中のHackenにインタビュー!

10月31日よりToken Saleを開始したHackenに当メディアでは独自にインタビューを実施いたしました。現在ICO中のHackenについてまだこ存じでない方はコチラの記事をご覧ください。

【注目ICO】サイバーセキュリティに備えたHackenのICO ハッカーとの共生へ

2017.10.20

なお、先月10月19日はStartupToken2017 in 東京 にてHackenプロジェクトについてプレゼンテーションを実施してくれています。イベントについてはコチラの記事をご覧ください。

StartupTokenアジアツアーin東京 レポート by ICO追っかけ女子大生日記 様より

Startup Token Asia Tour 2017 東京 イベントレポート Bibitpost

 

1.CEOのDmytro氏について – About Dmytro

Q1. Please tell us about yourself and what have you done until now?

− ご自身のこれまでと、プロフィールを教えて下さい。

Hi, my name is Dmytro. I’m from Kyiv, Ukraine. I’m in love with IT and finance. I was working for 8 years at Deloitte in different countries, then I was responsible for cyber security center establishment in Ukraine. From June, together with my friends and partners, we are creating the Hacken Project.

こんにちは、私の名前はドミトリーです。ITと金融に夢中なウクライナのキエフ出身です。私はデロイトという会社で8年間を様々な国で働いており、ウクライナのサイバー証券センター設立責任者でした。

2017年6月からは、私の友人やパートナーと共にHackenに注力しています。

2.初めてのブロックチェーンへの関心 – First interest in blockchain

Q2. When did you get interested in Blockchain?

ブロックチェーンへ関心を寄せたのはいつですか?

So, the first time I heard about Blockchain was in 2013 from my finance guys that were telling me about the “big profit” that they made. But I wasn’t impressed with that, I was impressed with the technology which provides data validation without any intermediary. It’s something that would definitely change the world. So when I came back to Ukraine, while working at development of the cyber security center, I met amazing guys: Yegor, Nikita and Andrew, and we were all discussing how we can defend this technology and how we can bring our cyber security expertise from our previous projects. This is how we designed and created Hacken in June 2017.

ブロックチェーンについて関心を抱いたのは2013年に私の金融・財務担当者の人々が作った”大きな利益”について聞きました。

しかし、私はビットコインの投機的な利益には興味をもちませんでしたが、Blockchainという技術には感銘を受けました。なぜならそれはあらゆる仲介者を介さないシステムで絶対に世界を変えるものだと確信したからです。

以後、私がウクライナに戻ってサイバーセキュリティセンターの設立作業中にウーゴ、ニキータ、アンドリューという驚くべき人たちと出会い、この技術をどうやって守ることができるのか、どのようにセキュリティ業界に富を創造できるか、 今確立しているすべてのプロジェクトは、2017年6月にHackenをデザインして作成した方法です。

3.Hackenとは? – What is Hacken?

Q3. would you please explain us “What Hacken is??” for everyone with simple words??

– Hackenとは何でしょう?読者に向けて簡単に教えて下さい。

Hacken ecosystem is a community-driven business organization which unites two communities. The first one is white head hackers, and cybersecurity experts, and the second one is clients who want to have their security audits. Hacken ecosystem consists of the following elements, Hacken Proof bug bounty market-place, this is actually where the hackers meet their clients. Then there are Zero-day Remuneration platform, Cyber analytics center and Hacken accelerator. The Ecosystem is supported by its own dedicated crypto-currency for white hat hackers called the Hacken. We designed it to bring financial incentive to all our community members. This is done through our burning principle, which allows us to stabilize the exchange rate and push all this up and bring liquidity to our currency.

 

Hackenエコシステムは、2つのコミュニティで構成されるコミュニティ主導のビジネス組織です。

1つはホワイトハッカーとサイバーセキュリティの専門家であり、もう1つはセキュリティ検証を受けたいクライアントです。

Hackenのエコシステムは、ハッケンバグバウンティマーケットと密に関わります。実際にハッカーが顧客を満たすための市場です。 また、Zero-day Renumerationプラットフォームは、サイバー分析センターとHackenアクセラレータで構成されます。

エコシステムの真ん中には、Hackenと呼ばれるホワイトハッカーのための専用の暗号化通貨があります。私たちはそれをコミュニティメンバー全員に金銭的インセンティブをもたらすように設計しました。

これは、私たちが為替レートを安定させ、これをすべて押し上げて流動性を通貨にもたらすことを可能にする、バーンプログラムの方針に沿って行われます。

4.今の開発進捗 – Now Progress Development

Q4. What is the progress status at the current stage?

– 現在の開発進捗はいかがでしょう?

So we made prototype in September of 2017, and it was tested during our bug-bounty marathon, when 30 best community members of Hacken came to Ukraine. They were testing for companies, and then their products. So that was our first successful business case, but in order to go online to have a secure platform, we created the international board of advisors, where all hackers participated and shared their ideas, including tech celebrity advisors in this field such as Philip Zimmermann and John McAfee. We will show our  platform to the public by the end of November and I’m expecting to get the first client by then.

私たちは2017年9月にプロトタイプを作っており、Hackenの最高のコミュニティメンバーである30名がウクライナにやって来て、バグバウンティマラソンのサイトで使用されました。

彼らは企業のために彼らの製品傾向などを検証をしています。 はじめて成功したビジネスケースでしたが、安全なプラットフォームを確保するためにオンライン化するために、Philip zimmermannやJohn McAfeeなどのこのプロセス分野の大手アドバイザーを含むすべてのハッカーが参加し、アイデアを共有した国際アドバイザリーボードを作成しました。

私たちはプラットフォームを一般公開し、 11月末までに初のクライアントを獲得しようと思います。


JohnMcAfeeとの提携については、簡単にコチラにまとめておきます。

アンチウイルスのパイオニアであるJohn McAfeeは東ヨーロッパのサイバーセキュリティ新興企業Hackenと提携しました。

「独自の暗号トークンでバックアップされたユニークなコミュニティを作成するチームの決意、そしてボラティリティを制御するために発明した燃焼原則に感銘を受けた」とJohnMcAfeeは伝えています。

ニュース元:International Business Times.


5.プロジェクトを通じてのビジョン – Vision of Hacken

Q5. What are you trying to achieve through this project, and what is your vision??And how will you approach to people for a better understanding of Hacken.

– プロジェクトを通じたビジョン、そしてどんなことを達成したいでしょう?

Our strategic goal is to create a global market place for cyber security services. We really want to change the mindset of everyone and deliver the idea that cyber security is something everyone should have, it’s like having a lock on your door. And we will concentrate especially on Blockchain projects, because we really believe in themit. We’re developing a completed solution for making your security proper.

私たちの戦略目標は、サイバーセキュリティサービスのグローバルマーケットを作りだすことです。

私達は、誰もがドアにカギをかけるように、サイバーセキュリティがとても大事だという事を伝えたいです。

私たちは特にブロックチェーンに集中して取り組んでいます。セキュリティを適切に実現するための完全なソリューションをすでに提供しています。

 

6.読者(視聴者)の皆さんへ- Messages to Everyone.

Q6. Please leave a message for the viewers watching this video!

– 見てくれている方にメッセージを!

Final message I want to address to young computer engineers: by joining Hacken community, you will be able to participate in a cool project and improve your cyber security skills. Secondly, to the product owners: guys, without proper cyber security you will not be able to succeed at the market. Third one is to investors: please check for bug bounty all projects you want to invest in. Believe me, with all these hacks that are going on, we will not be able to increase the coin market up dramatically. Thank you guys, and hope to see you soon.

若いコンピュータエンジニアに宛てた最終的なメッセージは、Hackenコミュニティに参加することで、優れたプロジェクトに参加し、サイバーセキュリティのスキルを向上させることができます。

第2に、商品企画者へ、適切なサイバーセキュリティがなければ、マーケットのニーズを満たすことはできません。

3つ目は投資家です。全ての投資先のバグバウンティをチェックしてみてください。このようにハッキングが続いてるなか、コインマーケットキャップの劇的な上昇は狙えません。

ありがとうございました、またお会いできるのを楽しみしています。

海外でもニュースとなっています。詳しい記事はコチラ

HackenのICOはコチラ!

https://hacken.io/#main-screen

Hackenの詳細はこちらをご覧ください。

【注目ICO】サイバーセキュリティに備えたHackenのICO ハッカーとの共生へ

2017.10.20

LINE@で情報配信中!