カタルーニャが独立後、独自の仮想通貨発行を検討・・イーサリアム考案のヴィタリック氏が指南か?

小さいながらも活発な経済誇るカタルーニャ自治州。一方的に独立宣言をしてスペイン政府と対立、問題となっているが、カタルーニャは独立後、独自の仮想通貨の発行と、ブロックチェーンを利用したレジデンシーシステム(住民登録)を検討しているという。

スペイン地元紙によると、カタルーニャのデジタル部門幹部は何度もエストニアを訪れており、同国のデジタルレジデンスプログラムの理解を深めている。(※エストニアのこのサービスは正式な国民でなくとも、エストニア国家のデジタル空間における居住民としてのIDの発行やサービスを受けることが可能という先進的なシステムである)

このエストニアのデジタル通貨計画は欧州中央銀行総裁によって却下されたことによってニュースになっていた

 国家の暗号通貨・・イーサリアムのブテイン氏に相談

実現すれば欧州初となるブロックチェーンを使った居住管理システムとなる。が、しかしそれがすごいというよりは、カタルーニャ州独立政府が中央銀行を設定せずに暗号通貨を発行しよう、という点だ。国家としての暗号通貨をは、ロシアやカザフスタンがすでに検討済みではある。

さらに、カタルーニャ州政府は既にイーサリアム創始者ビタリック・ブテリン氏にプラットフォームなどについて指南を仰いでるいるという。この地元紙は、

「この若きロシア系カナダ人はヴァーチャルレジデンスに関するプラットフォームのICOについて、カタルーニャ州政府に助言している。このICOで、ヴァーチャルレジデンスプログラム事業計画への資金調達に対応した通貨発行を行う予定だという。ヴァーチャルレジデンス・エコシステムの中で発行される新通貨は、中央銀行の規制や監視の及ばない、絶対的に独立した経済コミュニティーを創造する」

そう報道している。

参考元:Cointelegraph

https://cointelegraph.com/news/catalonia-considering-cryptocurrency-post-independence-advised-by-ethereum-creator