メガ銀 大リストラ時代 ・・低金利、フィンテック普及や AIで

みずほフィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJ、三井住友FG・・・

3メガバンクが大規模な構造改革=リストラに動く。デジタルによる効率化で3.2万人分(単純合算)を上る業務量を減らす。

人口減で国内業務は構造不況に加え、低金利長期化による収益低下、止め刺す「AI・フィンテックの普及(異業種の参入)」時代を迎え、大幅なコスト削減が必至の状況だ。

銀行は、フィンテック時代を迎え収益拡大のチャンスと捉えられる一方、逆の要素が強い。金融テクノロジーが普遍化で、異業種からの参入を呼び込むからである。

つまり、銀行の業務が多方面の異業種から侵食されてしまうからである。今後、従来型の管理システムで、銀行が収益を維持することは困難と予想される。

 

三菱UFJグループ・・三割に相当の9500人分の削減を

9月、銀行業界に激震が走った。

三菱UFJグループの平野信行社長が、グループの中核企業である三菱東京UFJ銀行の従業員の3割に相当する「9500人相当の労働力を削減する」と発言したからだ。

「伝統的な商業銀行モデルはもはや構造不況化している。非連続的な変革が必要だ」

三菱東京UFJ銀行の三毛兼承頭取はこう語る。三菱UFJはすでに今年5月、グループ内の経営体制の再構築や徹底的なデジタル技術の活用による効率化を柱とした長期ビジョンを公表している。

こうした状況下、三菱UFJグループでは、組織スリム化を実施、その具体的な目標が9500人分の労働力削減だ。

スリム化はいくつかのフェーズに分けて実施される可能性が高い。最初に導入されるのは、おそらくRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。

業務を新たにシステム化するのではなく、既存システム上での操作をソフトに覚えさせ、一連の業務を自動化していく手法である。

RPAは、既存のシステムに大きな変更を加える必要がなく、低コストで業務を自動化できる。しかも銀行の場合にはこのシステムを導入しやすい土壌がある。銀行業務は圧倒的に定型業務の割合が高いからだ。

デジタル通貨、仮想通貨進展の影響も大きい。10月2日、三菱UFJグループはブロックチェーン技術を使ったデジタル通貨「MUFGコイン」を初公開した。

このサービスは通貨という名称が付いているが、1円=1コインに変換する仕組みなので、厳密には通貨ではなく既存の電子マネーの一種である。一般的な事業者でない銀行がこうしたサービスに乗り出した意味は大きい。

先進国中、日本は突出して現金利用比率が高い。

銀行は現金の管理や輸送に多大なコストをかけている。現金のやり取りがこうした電子マネー系にシフトすれば、現場の事務作業は大幅に減少し、店舗運営コストを下げることが可能。

また、電子マネー系の情報システムは、勘定系と呼ばれる既存の銀行の決済システムと比較して、はるかに低コストで構築・運用が可能である。一連のサービスが普及すれば、店舗費用、システム経費が同時に削減できる。

同グループでは一連の取り組みで、1200億円のコスト削減効果を見込んでいる。内訳の詳細は不明であるが、9500人分の労働力が削減されることと考え合わせ、人材シフトだけにとどまらず、自然減なども含む人員削減の効果が考慮されている可能性は高い。

 

みずほFGは3分の1に近い規模で、三井住友FGも4000人分削減。

会議前の根回し不要、資料はシンプルに――。東京・大手町のみずほFG社内貼り紙。本部の無駄排除の意識改革だ。

今後、グループの事務は集約、自動化する定型の事務作業は100業務に拡張。業務量の削減目標は21年度には8千人分、26年度には1万9千人分に増やす予定。それはグループ全体の3分の1に匹敵する。

みずほ銀行とソフトバンクが設立した合弁会社J.Scoreは、9月からAIを活用した融資サービスをスタートさせている。J.Scoreは、審査から手続きまで、ほとんど全てのプロセスがネットで完結するので、業務に従事する人数を大幅に削減することが可能だ。

三井住友FGも20年度までに4000人分を減らし、事務作業はAIやロボット技術を活用して自動化する方針。国部社長は「初期費用として500億円くらいかかるが、3年で200億円、5年で300億円のコスト削減効果が得られる」と語っている。


参考元:日本経済新聞、ITmedia、産経BIZ

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22847550Y7A021C1EA3000/

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/25/news018.html

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170601/bse1706010000001-n1.htm


LINE@で情報配信中!