東京都によるブロックチェーンビジネスキャンプ開催へ

2017年10月20日、東京都の政策企画局より東京都アクセラレータプログラムである「ブロックチェーンビジネスキャンプ東京」が発表された。

海外企業の誘致・技術の輸入をすることで、東京の国際協力をより一層高めようとする狙いとのこと。今回のプログラムは次の通り。

1.ブロックチェーンに関する先端技術、ビジネスモデルを有する外国企業のプログラムへの参加募集、選定

2.選定された外国企業に対する各分野の都内企業からのメンタリング、都内企業等とのマッチング等により、ビジネスプランの作成を支援

3.都内投資家、企業等が参加するビジネスプラン発表会を開催

引用元:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/20/10.html

 

対象としているのは、決済や証券などの金融分野や、IoT、ブロックチェーンに関する先端技術・ビジネスモデルを有する国内にまだ進出をしていない外国企業。

今はFintechという分野に非常に注目されているが、今後は東京都のように政界と関連する「法規制(レギュレーション)」の部分について「Regulation×Technology」から生まれた「Regtech」という分野にも注目されていくの出はないだろうか。

なお、このプログラムに関する日程詳細は次のとおりである。

10月~11月:応募受付
12月:参加外国企業選定・発表(5社程度)
1月:事前セミナー
1月~3月:メンタリング/ビジネスプラン作成/ネットワーキングイベント/ビジネスマッチング
3月:ビジネスプラン発表会(公開)

引用:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/20/10.html

海外ではどのような事例があるのか、注目したい方やプログラムに興味がある方にとっては有意義なプログラムになるのではないだろうか。