オーストラリアの大学でEthereumの報酬プログラムを提供へ

オーストラリアの大学はであるニューサウスウェールズ大学(UNSW)の学生らはキャンパスで何かを購入する際、イーサネットトークンを得られるような報酬プログラムを導入された。これはBlockchainのスタートアップ企業と提携することで実現している。このプログラムは、2017年10月6日から2017年11月20日まで行われる見通しである。

スタートアップのマネージングディレクターであるAndrew Loweによると、Ethereumの価値が急激に上昇したため、学生が今回のこの実験にどのように反応するかを検証することができ、非常に期待しているとのこと。

「先月、Etherの価値は30%上がった。このような通貨にメンバーがどのように対応しているか、ポイントなどの従来のアプローチにどのように対応しているのか、注目している。この研究はより明確な答えを与えるだろう」と述べている。

 

ロイヤルティプログラムの簡単な詳細

今回のUnify Rewardsプログラムは、以前に登録した500人の参加者に限定されている。 NSW州近くの学校のキャンパスで参加者が購入できるモバイルアプリケーションの利用に焦点を当てています。参加者は、アプリを使用して10回の取引ごとに$5相当のEthereumを得ることができます。

このプログラムでは、コンピュータサイエンス&エンジニアリングスクールやビジネススクールなど、大学のいくつかの部門によってサポートされている。 UNSWとそのBlockchainパートナーは、プログラムで参加者の行動を分析するために十分なデータを収集し、報酬としてEthereumを受け取るようになる。研究の結果は、近い将来提携先が公開する予定とのことである。

Unify Rewardsプログラムは、以前マサチューセッツ工科大学(MIT)が進めてきたイニシアチブと比較することができる。このプロジェクトでは、研究所の学部生に50万ドルのBitcoinトークンを配布した過去がある。

参考:https://cointelegraph.com/news/australian-university-allows-students-to-earn-ethereum-from-campus-purchases


Ethereumに関わるプロジェクト

Ethereumを得られるといえば、Detherというプロジェクトをご存知だろうか。こちらのプログラムもEthereumを誰もが自由に売買することができ、なおかつお店のオーナーはこのプロジェクトによってDetherのアプリ上で”Ethereum決済ができるお店”としてアピールすることができる。是非こちらも併せて知っておきたい。

Detherとは?取引所を介さずEthereumを売買できるためのプロジェクト

2017.10.03