トランプ政権、管理部門におけるブロックチェーン技術採用に焦点

トランプ政権は、業務における重要な政策および戦略として、Blockchain技術を採用するとの公約を再確認した。 9月下旬に開催されたデータ・トランスペアレンシー(=情報の透明性、の意)2017会議で、これについて、ホワイトハウスの上級管理職2名より改めて表明された。

 

米国連邦最高財務責任者のマギー・グレイブス(Margie Graves)氏は会議の中で、連邦政府は最高財務責任者(COO)の会議室で、政府の業務に利益をもたらす、人工知能とブロックチェーン(Blockchain)の先進的な将来性についていくつか検討していると発言し、それは政府の業務に対して有益に働くだろうとしている。

 

Graves氏は、BlockchainやDistributed ledger technology(DLT)を使用すれば、国のサイバーセキュリティ防衛を強化するだけでなく、詐欺の発生を減らし、それはそれらに関する無駄な出費を減らすこととなろう、と主張した。

 

“These kinds of technologies are always something that we should explore. I don’t want my customers to be the last to know, or to be the last to be able to take advantage of some of these.”(こういった種の技術は常に探求すべきで、刷新された技術の恩恵が受けられない、技術的に目新しくないものを取り入れる、というのは好ましくないと思う)

 

 

一方、ホワイトハウスの戦略推進室担当ディレクター、クリス・リデル氏も発言、連邦政府は、今後数年間でBlockchainやその他技術の可能性を活かすため基盤となるデータ基準の導入開始をすべきだと強調した。

 

 

“Whether it is Blockchain, artificial intelligence or perhaps a new technology that hasn’t yet been envisaged, standardized data will help ensure the government stays current of technology’s latest trends.”(ブロックチェーン、人工知能、あるいはまだ想像もできぬ新しい技術であろうと、標準化されたデータなら、政府にとって技術の最新動向を常に最新の状態に保ってくれるものとなるだろう)

 

 

米国政府機関によるブロックチェーンプロジェクト

 

米疾病対策予防センター(CDC)や総合サービス管理局(GSA)など米国政府のいくつかの機関ではすでに、事業の中でブロックチェーンを実験的に導入している。

 

 

CDCは、災害救援活動、特に予防および慢性疾患の予防を目的とした公衆衛生データ監視の際に、この技術を使用するための実験的なプロジェクトを開始しました。一方、GSAは、情報技術プロジェクトであるFastlane調達システムの置き換えを目的としたBlockchainベースのシステムを開発するプログラムを進めている。

 

 

参考元:Cointelegraph

https://cointelegraph.com/news/trump-administration-focuses-on-blockchain-technology-adoption