名高いロンドンの貴金属店、ビットコイン受け入れへ

Bitcoin決済導入の企業や店舗はこの過去一年着実に増えている。最新のビットコイン受け入れ店として話題を集めているのは、ロンドンのゴールドディーラー、Sharps Pixleyである。

ロンドンにある創業250年の老舗貴金属販売店

Sharps Pixleyは1778年に創業、ロンドンの貴金属販売店。ロンドン貴金属市場協会(LBMA)地の正式メンバーである。これは、投資家が貴金属を購入し、保管し、取引するためのフルサービスショップとして機能している。Sharps Pixleyは創業来250年間営業しているが、Bitcoinを支払い手段として受け入れることで、「時代とともに在る」スタンスを示す。

Sharps PixleyのCEO、ロス・ノーマン氏Ross Normanは次のように述べている。

「私たちの見解として、多くのBitcoin投資家は、金などの伝統的で安全な・・リスク回避という意味でも本質的価値資産を持たせるオプションを望んでいると考えています。シンプルで費用対効果の高い方法で切り替えることが可能。ビットコイン投資家にその道を拓くのです」

デジタルゴールド

Bitcoinはデジタル・ゴールドと呼べるかもしれない。しかし、安全な資産として金に匹敵するまでにはまだまだ道のりは長い。毎年取引される金の金額は22億ドルと推定されており、そのデリバティブ市場は大きい。Bitcoin投資家は、ニッチ級の投資家を代表しているだろうが、c暗号通貨への意識は高まっている。

Sharps Pixleyの事業開発ディレクター、ジャイルズ・マーブルGiles Mable氏は次のように述べている。

「我々は世界最古のと最新の通貨とのギャップを橋渡ししており、新規のそして従来の顧客の方々に、デジタル通貨を触れることのできる有形の通貨に交換し、Sharps Pixleyで保管・取引できる手段を提供するのです」

Bitcoin はBitpayを通じて決済される

金の販売のビットコイン決済は、Bitpayを通じて行われる。これは一喜一憂するようはBitcoin価格の変動リスクを回避するのに役立ちます。Sharps Pixleyはあくまでも貴金属取引の専門店であるということを考えると、Bitcoinsを直接受け入れない、という決定は賢明です。

小売業者がBitcoin(つまり法定通貨でない)建ての値段を設定していない限り、彼らは Bitcoinsを直接受け入れると、Bitcoinの価格変動にさらされます。Bitcoinを販売バリューチェーンの各段階・・原材料段階から最終顧客への販売まで・・使用できるようになるまでにはまだ長い道のりだろう。

参考元:Cointelegraph、Reuters

https://cointelegraph.com/news/distinguished-london-gold-dealer-accepts-bitcoin-for-payment

http://www.reuters.com/article/gold-bitcoin-sharps-pixley/london-gold-dealer-sharps-pixley-to-accept-payment-in-bitcoin-idUSL8N1M64T6