Light coin【ライトコイン】

ライトコイン(LTC)

2011年10月リリース

2009年 Satoshi Nakamotoは世界で初めて仮想通貨というビットコインを立ち上げました。コードは全てオープンソース、オープンソースということは、誰かの手によって改良されることも可能だし、他のプロジェクトにより真似て利用されることだってあります。現在ある、多くの仮想通貨はビットコインを改良し広がって成功をしていものです。

そんな中ライトコインは、ビットコインがゴールド(金)ならば、ライトコインはシルバー(銀)を目指そう。そうやって、2011年にライトコインは広がっていきました。ライトコインは発行上限を8,400万枚と設定している為、リリース当時は他の仮想通貨よりも総発行量が一番多かったのです。

ライトコインは元Googleで働いていたチャーリー・リー氏により2011年に作成され、ビットコインを上回る仮想通貨を作成しようというのがキッカケでした。

それが、特徴の一つでもあるブロックの生成期間です。10分ごとにブロックを生成するビットコインとは対照的に、ライトコインはその1/4の2.5分でブロック生成することが大きな違いとなります。

今までの説明してきた点を踏まえ、ビットコインとライトコインで主に違う点をまとめてみました。

ライトコインは、ビットコインと比べ高速なブロック生成での取引のおかげで、より多くのトランザクションを処理することができます。もしもビットコインがライトコインと同じ様になろうとするのであれば、それはビットコインのスケーラビリティの問題を解決する事でもあり、ハードフォクが必要となります。ですので、多くの賛同者が必要となる大変な作業となり、ネットワーク上のすべての人が現在実行しているコードすべてに重要なアップデートを施す必要があるということになります。

また、ライトコインの新規発行に関しては、ビットコインと同じ様にマイニング(採掘)で新規発行が可能となりますが、ビットコインのマイニングは参加者が多く専用の機材などが必要ですがライトコインはビットコインよりも簡単に行えます。極端な話しですが一般的な性能のコンピューターでもマイニングが可能です。

次に発行総量の違いですが、ビットコインは発行総量が2100万ビットコインと決められていて2140年に新規の発行が終了する予定です。ライトコインはビットコインよりも発行総量が多く、その数は8400万ライトコインとなっています。これはビットコインのインフレ率に合わせる為にそう設計されました。

ビットコインではブロック生成が10分毎に行われるのでマイニング報酬である新規のビットコインも10分毎に生成されます。

ライトコインの場合はブロックの生成が2.5分とビットコインと比べ1/4と短くマイニング報酬の新規ライトコインが生成される頻度がビットコインと比べ4倍増えているという事にもなります。

ですので、承認数が増えるにつれコインのインフレ率をビットコインに合わせるように、発行総量が4倍の8,400万に設定されているという事です。

ライトコインは長らくビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨でしたが、2016年にイーサリアムに抜かれ、現在は4位~5位につけています。価格は400円~500円台で推移していたのですが、今年に入ってSegwitのシグナリングが開始されたり、大手マイニングプールのアントプールがマイニングを始めたなどのニュースもあり1,500円を突破しました。

ライトコインは日本ではBTCBOXという取引所が扱っていましたが、2017年2月末に扱いを終了してしまい、現在は日本の取引所だとコインチェックでライトコインを売買できます。

しかし海外の取引所だと、PoloniexやOkcoinなど約30以上の取引所が取扱をしています。

ライトコインはビットコインの性能を高めたような仮想通貨です。

イーサリアムなどのスマートコントラクトの様な目新しい機能はないですが、目的であるゴールド(ビットコイン)に対してのシルバー(ライトコイン)としてのポジションはキープしているのかもしれません。ライトコインは今まで値動きがなかったのですが、前述したような動きもあるので、今後どのように動いていくかは個人的には楽しみに思っています。