P2P

中央のサーバー(サービス管理者・実権を握っているところ)を介さずに、各々のデバイスが相互に

信頼することで成り立つネットワークのことを意味します。

 

一般的には、「サービスの提供者」が「サーバー」を用意されており、

そのサーバーへそれぞれの端末がアクセスすることが多いです。

(これを「クライアント・サーバー形式」と呼びます)

 

しかし、P2P形式では、端末は中央のサーバーではなく、直接各端末とコネクトすることで、

情報を共有・通信することができます。

 

少し前に「Winny」というファイル共有ソフトがありましたが、

まさにその仕組みが「P2P」と言えますが今日ではそれが「仮想通貨(暗号通貨)」に

応用されることで再び着目されています。

 

ビットコイン(bitcoin)はまさにこの「P2P」という方法で送信・受信されるため、

サービス全体の管理者が存在する必要性なく運営されています。

 

ですが、その情報における「整合性」を担保することが難しく、

第3者に意図的にデータを改ざんされる恐れがありましたが、

それを解決するために「ブロックチェーン(blockchain)」という

仕組みが開発され、仕組みの中に組み込まれています。