ビットフライヤーBitFlyer、米国に進出

日本の大手仮想通貨取引所ビットフライヤーは米国市場に進出する。

すでにサンフランシスコにオフィスを開設しており、同社社長によると米国の34州で稼働する承認を獲得済み。取引開始は時期ははっきりとしていないものの、今年秋にも取引を始めたいと計画している、とコメントしている。

CEOの加納裕三氏は

「ビットフライヤーは日本に本社を置いているものの、私のビジョンは常にグローバル企業を創造することにある。米国が最初の第一歩になることにわくわくしている。ビットコインはグローバルな通貨だが私たちの取引もグローバルになろう」

各州ごとの規制当局が独自のライセンスと監督体制を持っている米国の規制環境に対する複雑さ・・米国では顧客に門戸を開く新しい大手ビットコイン取引所が相対的に不足していること、さらに、ワシントンのように一部の州では、 仮想通貨取引の動きに対する監督・規制を強化するように推し進めているため、一部の取引所はこれら市場から完全に撤退することになる等々・・このような米国仮想通貨市場の状況を考慮すれば、これは注目すべき展開であると言えるだろう。

BitFlyerによれば、まずビットコイン取引のための取引所を最初に立ち上げる予定だが、将来的にはより多くの暗号通貨の統合が行われることを提案していきたい、としている。取引所が示す目標は、来年中に「他のペア取引と商品をサポートするよう拡大すること」としている。

スタートアップについては、昨年のシリーズCSeries C funding 資金調達ラウンド(SBIグループのベンチャーキャピタル部門であるベンチャー・ラボ・インベストメントとSBIインベストメントが率いるシリーズCの資金調達)でざっと2700万ドルを調達しており、これまでにベンチャーキャピタルで3400万ドル以上を獲得しています。

参考元:Coindesk

www.coindesk.com/japanese-bitcoin-exchange-bitflyer-announces-us-expansion/