マイクロソフトMicrosoft、Cocoフレームワークを発表

マイクロソフトは8月10日(米国時間)、「コンフィデンシャル・コンソーシアムConfidential Consortium=Coco Framework」を公開した。

これは、イーサリアムのような既存の大規模コンソーシアム・ブロックチェーンやパブリック・ブロックチェーンのネットワーク上に、少数の企業間で機密性の高い取引を行う「機密コンソーシアム・ブロックチェーン・ネットワーク」実装目的のミドルウェアだ。

マイクロ・アズール(Microsoft Azur )社のCTO、マーク・ラッシノービック(Mark Russinovich)氏は公式発表の場において、

「Cocoは、企業のセキュリティと不変性を損なうことなく、スケーラビリティ、分散型の管理、必要な機密性を企業に提供する」と述べている。

不特定多数のメンバーが参加するパブリック・ブロックチェーンとしての利用イメージが先行するブロックチェーンだが、現在は、企業間でスマートコントラクト(契約の自動化)を行うために特定の組織のみが参加するコンソーシアム・ブロックチェーンの利用が注目されている。

しかし、参加メンバー全員で取引記録を保持するというブロックチェーンの性質上、企業間取引のためのコンソーシアム・ブロックチェーンにおいては、2社間の取引であっても無関係な他の全メンバー企業に取引情報が共有されてしまい、機密性、ガバナンスが課題になっていた。

機密性を高めるために企業がビジネス取引に特化したブロックチェーン・ネットワークを用意するアイデアについては、コスト面で非現実的だとされるが Coco Frameworkは、ブロックチェーンの企業利用におけるこれらの課題を解決するものだ。

要素技術として、「Intel SGX(Software Guard Extensions)」と「Windows VSM(Virtual Secure Mode)」を使い、既存のブロックチェーン・ネットワーク上に、機密コンソーシアム・ブロックチェーン・ネットワーク(Coco Network)を構築する。

これによって、既存のブロックチェーン・ネットワーク上にあっても、Coco Network内の取引はCoco Network参加メンバーのみに共有される。また、Coco Network参加メンバー内で取引記録を見せるかどうかのコントロールも可能になる。

Coco Networkの最もユニークな側面に、Intelの信頼性の高いTEEなどのローカルハードウェアベースの環境を活用して、オフチェーンのEthereum Blockchainエコシステムでの情報の整理を促進することが挙げられる。

別のエコシステムでデータを処理することにより、マイクロソフトは分散アプリケーションに、より機能的で柔軟なインフラストラクチャを提供することができる。

Coco Frameworkは、Microsoft Azureのほか、オンプレミスなどクラウドへ実装可能なミドルウェアとして提供する。サポートするブロックチェーンのプロトコルには、現時点でイーサリアム、Corda、Hyperledger Sawtooth、Quorumを挙げている。2018年中にオープンソースプロジェクトとしてGitHub上で公開する予定。

 

参考元:Cointelegraph, Ethnews, Techrepublic, Ascii

https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/blockchain/

https://www.ethnews.com/microsoft-unveils-the-coco-framework

https://cointelegraph.com/news/microsoft-goes-ethereum-561-bln-us-company-releases-ethereum-based-protocol-coco

http://www.techrepublic.com/article/microsofts-coco-framework-aims-to-make-blockchain-easier-to-use-for-business/

http://ascii.jp/elem/000/001/531/1531463/