スイス大手オンライン銀行・・ファルコンバンクに続きビットコイン取り扱いを発表

今週、Swissquoteが・・Falcon Private Bankに続き、よりメジャーなスイスの金融機関が・・Bitcoinの取り扱いを開始した。

7月14日づけのプレスリリースによると、Swissquoteはこのニュースについて「Bitcoinの投資を提供するヨーロッパで初めてのオンライン銀行」と表現し伝えています。

この決定で30万2千人の顧客・1780億フラン(1760億ドル)の資産がビットコイン投資へ拓かれることとなる。

「多くの投資家は暗号通貨に関心を持っている。しかしながら、取引に躊躇している。なぜならまだ、認知度の低いマーケットであるし、多くの場合海外口座に資金を移さなれければならないからだ」CEOのMark Buerki 氏はコメントしています。

「スイスの銀行として、私たちはシンプルで、完全に公開されたプロセスで、海外に移し替えることなく誰にでも利用できるサービスを提供いたします」

このニュースはスイスのプライベートバンクFalconファルコンがBitcoin Suisseと提携して、顧客が「e-バンキングプラットフォームまたはアカウントマネージャーを通じてBitcoinを直接購入、購入、販売できるようになる」報道されて数日後に発表された。

それまでは、スイスの主要証券取引所SIXで”ぼほ毎日”、Bitcoinの証明書が入手可能なものでもっとも人気金融商品であったことが明らかになってきた。

しばらくの間、Swissquoteスイスクォートは、ルクセンブルク本社の取引所Bitstampを使用して、支払いを処理し、Bitcoinの価格情報を提供する予定である。

「Bitstamp-Swissquoteのパートナーシップは、すでに期待大なBitcoin開発において画期的な出来事なのです。Bitcoinは、従来の金融システムに徐々に導入されています」プレスはそう付け加えている。

スイスは、新しく拡大するブロックチェーンと暗号暗号技術の普及力という点では、すでにオーストリア、ドイツの近隣諸国よりもかなり先を行っている。

参考元:Cointelegraph(https://cointelegraph.com/news/major-swiss-online-bank-unleashes-bitcoin-in-weeks-second-swiss-breakthrough)